見るたびにツボるんですけど、でこ助のコピー。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


町屋駅前の大衆居酒屋でこ助なんですけどね、家へ帰ったら何もないぞ!! ツボる上に身につまされるキャッチコピーですねん、拙者には。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    キャッチコピーまたはキャッチフレーズとは、主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章で、広告コピー(広告文)の一部である。惹句(じゃっく)とも呼ばれる。1文、1行程度のものから、数行に亘る物まで形式は様々である。広告や宣伝においては、キャッチコピーで商品の印象が決まると言え、その出来如何によっては商品自体の売れ行きが大きく左右される事になるため、重要視される。職業としてキャッチコピーを含む広告コピーを創作する者をコピーライターという。キャッチコピーは和製英語であり、英語圏ではアドヴァタイジングスローガン (英: Advertising slogan)と言って主に消費者に向けた商品の宣伝文句を指すものであり、キャッチフレーズ(英: Catchphrase)と言う場合にはフィクションに於ける名台詞などを指す事が多い。また、後者で特定の人物の台詞の引用ではなくストーリー全体を象徴する惹句を指す場合はタグライン(英: Tagline)と言う。キャッチコピーは広告のうち商品や作品(あるいはその広告の本文)に惹きつけられるように掲げられるインパクトを持たせたコピー。例えば日本では江戸時代に「引札」と呼ばれるチラシがあったが、そこに独創的な戯文を書くことで耳目を集めるという手法を始めたのは、平賀源内であると言われる。後に多くの戯作者や狂歌師によって、こうした宣伝文句が使われていくようになった。個々の商品ではなく、企業のイメージや経営方針を表したものを、特に「コーポレートスローガン」と呼ぶ。なお、企業によっては「タグライン」「コーポレートステートメント」「ブランドプロミス」と表現する場合がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ