再びの「諫早の、やかん」でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




昨年(2021年)10月に通りがかりに見つけて記事にしております「諫早の、やかん」でございますが、またしても同じ場所を通りましたのでございます。前回の写真がよろしくなかったのでリベンジでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    やかん(薬缶、薬罐、薬鑵)は、湯沸かしに用いられる、主に土瓶形の道具である。英語からケトル(Tea kettle)と呼ばれることもあり、底が丸いものを「やかん」、底の平らなものを「ケトル」と呼ぶこともあるが、両者は明確には分けられないとされる。やかんは鉄、主にステンレスやアルミニウム、シュウ酸アルマイト、あるいは銅や真鍮等の素材で作られており、琺瑯仕上げのものもある。直接火などの熱源にかけて湯沸しに用いる。形状的には球形ないし円柱の本体側面に注ぎ口が、上部には大きな取っ手がつき、取っ手の付け根には注水用の蓋構造がある。取っ手、つまみはプラスチック、ツル巻、ナイロン、フェノール樹脂が使われている。一体化した物やネジ止めの物がある。大きさは用途によって様々である。一般に家庭用としては2〜3リットル程度の大きい物から、独身者や個人用の1リットル未満の物もある。あるいは工事現場の飯場で使われるような10リットル程度の物もある。すなわち需要に合わせた製品が、製造販売されている。単に水など液体を運搬するための簡易容器にも用いられる。密閉性は無く、傾けるだけで中の液体が注ぎ口から出るようになっている。なおこれをコンロないし裸火に掛けて中の水を加熱するために使う場合もある。単に湯沸しの用途のみならず、冬場には水を入れてストーブの上に置くことで沸騰させて中の水分を放出させ、部屋の空気が乾燥するのを防ぐことにも利用されている。また夏場では、これに氷と共に水や麦茶を入れたものが利用される場合もある。なお、日本では「湯沸し」という区分で家庭用品品質表示法の適用対象とされており、雑貨工業品品質表示規程に表面加工や材質などの表示についての定めがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ