さぬきこどもの国に保存されている、高松琴平電気鉄道60形62号。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




高松空港のお隣にございます、さぬきこどもの国に保存されている車両でございます。京浜電気鉄道、東京急行電鉄を経て最後は高松琴平電気鉄道で終焉を迎えた1913年(大正2年)製とされる、ことでん60形62号でございます。日本一長く走り続けた電車、と紹介されております。子供たちの人気者でございますな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    高松琴平電気鉄道60形電車(たかまつことひらでんきてつどう60がたでんしゃ)および70形電車(初代)(70がたでんしゃ)は、高松琴平電気鉄道が保有していた電車である。60は両運転台の制御電動客車、70は片運転台の制御客車。もと東京急行電鉄品川線・湘南線(現、京浜急行電鉄)サハ5100形、デハ5100形および厚木線(現、相鉄本線)クハ3140形で1948年に入線した。後に他社から購入した車両および他形式からの編入車が加わり最大で10両が在籍したが、木造車や簡易鋼体化車(偽スチールカー)は1960年代に廃車、残った車両も近年廃車が進み、2007年11月4日に同形式としては最後の車両である65号のさよなら運転が行われ、形式消滅となった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ