ランチ@まいどおおきに食堂のフジオフードの新業態、さち福や。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




雨のため滞在していた京都市内から予定を早めて午前中に岡山駅に舞い戻った日の岡山駅でのランチタイム、久々に岡山駅構内のさち福やでございます。まいどおおきに食堂の別ブランド的な業態の店ですが、小鉢が沢山付いているのでそれなりの価格っちゃあそうなんですが、まいどおおきに食堂のシステムの方がやっぱり好きなオイラでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    株式会社フジオフードグループ本社は、大阪市北区に本社を置く持株会社。東証1部上場。中核子会社の株式会社フジオフードシステム(Fujio Food System Co., Ltd.)は、大衆外食チェーンの「まいどおおきに食堂」「串家物語」「つるまる」「手作り居酒屋かっぽうぎ」というブランドを中心に、37業態の直営・FC事業の経営を行う企業である。社長である藤尾政弘は、1979年12月に個人事業主として藤尾実業を創業。その後、生まれ育った実家の食堂を思い、メインブランドである「まいどおおきに食堂」1号店を1988年7月にオープン。2006年6月には中華人民共和国上海市にて出店。同年12月には47全都道府県に出店している。高齢者採用を積極的に行っており、50-60歳代の女性を中心にキャスティングする。そのため、40代以上の雇用占有率は4割を超えている。まいどおおきに食堂(まいどおおきにしょくどう)は、株式会社フジオフードシステムが展開するカフェテリア形式の一膳飯屋。地名+食堂、いわゆる「○○食堂」という命名方式で、全国に展開している。レシートでは、「日本一の食堂」の呼称も使用している。フジオフードの本社がある関西地区には直営店が多いが、それ以外の地区では主にフランチャイズ方式により店舗展開している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ