あわくら温泉駅は、岡山県英田郡西粟倉村影石にある、智頭急行の駅。


途中、岡山県内あわくら温泉駅で行き違いのための運転停車です。智頭急行線はここから宮本武蔵駅まで岡山県内を走行します。逆に言うと、ここらのあたりは岡山県ですが実際のところ他県を経由しないと来れないっつうことでございますよ。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    あわくら温泉駅(あわくらおんせんえき)は、岡山県英田郡西粟倉村影石にある、智頭急行智頭線の駅。岡山県では最東端の駅である。島式1面2線のホームを持つ盛土高架駅。線路西側に待合室およびトイレを備えた駅舎があるが、ホームへは駅舎を介さずに直接入る。ホーム上における出入り口は智頭寄りに設置。無人駅であり、自動券売機等の乗車券購入設備はない。1番のりばを上下本線、2番のりばを上下副本線とした一線スルーとなっており、通常は上下線とも1番のりばに発着する。2番のりばは列車交換および通過列車待ち合わせの場合のみ使われる(普通列車同士の交換の場合は、智頭方面行きが1番のりば、上郡方面行きが2番のりばに入る)。駅前に個人商店あり。飲料の自販機と、お菓子など簡単な食料が購入できる。智頭線の当初の工事実施計画上の駅名は「影石」であった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)