河津駅前にある、伊豆の踊り子像でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






浄蓮の滝にある伊豆の踊り子像が有名でございますが、河津駅前にも設置されておりましたですな。この手の像ってのはなかなかに難しい面がございますですな。この踊り子ちゃん、小説や映画等では薫ちゃんですが、この像を見るまでのオイラの持つ薫ちゃんのイメージとはかけ離れてしまっておりましてねw 頬がこけたフケ顔の薫ちゃんは勘弁してほしいですな~。ちなみにオイラはロリコンではありませぬぞなもし。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている。日本人に親しまれている名作でもあり、今までに6回映画化され、ヒロインである踊子・薫は田中絹代から吉永小百合、山口百恵まで当時のアイドル的な女優が演じている。1926年(大正15年)、雑誌『文藝時代』1月号(第3巻第1号)に「伊豆の踊子」、2月号(第3巻第2号)に「続伊豆の踊子」として分載された。単行本は翌年1927年(昭和2年)3月20日に金星堂より刊行された。なお、刊行に際しての校正作業は梶井基次郎がおこなった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ