千葉県唯一の路面電車であった成宗電気軌道の廃線跡、電車道。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




京成成田駅から成田山新勝寺に向かう道路の一つに、電車道と呼ばれる道路がございます。区間にレンガ造りのトンネルが2個所ございます。これは成宗電車と呼ばれた成宗電気軌道の廃線跡でございます。築堤に桜が植えられ、名所になっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    成宗電気軌道(せいそうでんききどう)は、かつて千葉県成田市において軌道事業と電気供給事業を兼営していた企業である。後に成田電気軌道と改称し、さらに千葉県から鉄道路線を譲り受け成田鉄道(2代)と改称した。同社は鉄道事業廃止後成田バスを経て千葉交通となった。千葉県唯一の路面電車であった。成田鉄道(初代。前述の成田鉄道とは異なり、現在の成田線の前身)の成田駅から、古くより参拝客の多い成田山新勝寺・宗吾霊堂への路線を敷設する計画は古くからあった。最初は宗吾馬車鉄道という馬車鉄道を敷設する計画が立てられたが、諸種の問題で流れた。京成成田駅前から成田山方面へ続く廃線跡は「電車道」と呼ばれる道路に変わり、不動尊前 – 本社前間の第1トンネル、第2トンネルが現存している。このほか新田 – 大袋間の築堤下にあった第3トンネルは、公津の杜造成時に一部が取り壊されたが、北側坑口の上部のみ残存している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ