風和里しばやまで展示されている、ビーチエアクラフトB99実験用航空機。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






成田空港の滑走路先端に程近い、空の駅・風和里しばやまにて保存展示されておりますビーチエアクラフトB99実験用航空機でございます。双発ターボプロップのコミューターでございます。航空管制に関する様々な試験を行った機体でございますね。沢山のアンテナ類が取り付けられた機体ですな。ここでこんなものが見れるとは機体だけに期待以上でしたな(←不必要な駄洒落を放り込むの、やめいw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    ビーチクラフト キングエア (Beechcraft King Air) はビーチ・エアクラフト社(現ホーカー・ビーチクラフト社)が開発した双発ターボプロップビジネス機。同社の主力製品となっている機材として知られ、軍用としても人員輸送や訓練などに広く使用されている。ガルフストリーム製品と並び、冷戦期には連絡輸送などで活躍し、多くの西側諸国で導入された機材で、現在も電子偵察型などの改良型が各国ごとに提案され、新造が続くベストセラー機である。キングエアシリーズは1964年から生産され続けており、これは民間ターボプロップ機の中で最長の生産期間である。現在生産されているビジネス用途の双発ターボプロップ機 (Turboprop business airplane) はピアッジョ P.180 アヴァンティとキングエアの2機種のみであるが、アヴァンティは少々特異な構成の飛行機であることから、コンベンショナルな機体としては唯一とも言える。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ