桃太郎伝説の岡山市、新しいものについての若干の考察?

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






オフィスが昨年(2021年)11月に移転しまして、現在はここで勤務いたしております。移転の時点ではオフィス棟のみ完成していた状態でしたが徐々に他の施設も出来上がりつつございます。前面道路に新しいデザインマンホール蓋、正確には消火栓ですが、が取り付けられているのを見ましたのでパチリンコです。日本遺産桃太郎伝説岡山市って記されております。桃太郎おとぎ話の舞台になっていると主張する地域は数々ございますが、岡山では岡山地域が起源であると主張し、今ではそれが信じられているのでございます。勧善懲悪モノとはちょっと違う歴史背景での説ですので、信憑性が高いと評されるのでございましょうか、知らんけど(←知らんのかいw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    桃太郎(ももたろう)は、日本のおとぎ話の一つ。桃の実から生まれた男子「桃太郎」が、お爺さんお婆さんから黍団子(きびだんご)をもらって、イヌ、サル、キジを従え、鬼ヶ島まで鬼を退治しに行く物語。桃太郎物語は、以下のような粗筋のものが「標準型」となっている。桃から生まれた桃太郎は、老婆老爺に養われ、鬼ヶ島へ鬼退治に出征、道中遭遇するイヌ、サル、キジをきび団子を褒美に家来とし、鬼の財宝を持ち帰り、郷里に凱旋する。この「標準型」とは明治から現在に至り教科書や絵本を通じて普及した「桃太郎」を指す。作品によって場面ごとの違いはあるが、どの書籍でも桃太郎側の視点での勧善懲悪物語となっている。より古い系統の桃太郎説話は、この「標準型」とは異なるものである。とりわけ桃太郎の出生に関しては、桃から生まれたとする型(「果生型」)が今や一般的だが、これは19世紀初頭にはじめてみられるもので、それまでの草双紙では桃を食べたお爺さんお婆さんが若返り出産する型(「回春型」)が主流だった。特定の伝説に拠る物語の由来については諸説存在し、それぞれ論争のあるところである。桃太郎の起源を岡山とする説に関して、戦前の頃までその支持は、愛知県や香川県をゆかりとする説に大きく後れを取っていたが、1960年以降の岡山地域の促進運動によってその知名度が上がっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ