詫間駅前広場の、浦島太郎像でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。





詫間町の西部、荘内半島は浦島太郎伝説の残る地でございます。尤も日本各地に浦島太郎伝説がございます。荘内半島のものは所縁の地名があちこちに残っていることもございまして、三豊市ではチカラを入れてアピールしておりますですな。荘内半島への玄関駅、詫間駅前広場には浦島太郎のモニュメントがございます。拙者も玉手箱を開けた後みたいなトシになっちまいましたが、若い頃にカメを助けて、桃源郷へ行きたかった(←おいw)ですな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    浦島太郎(うらしまたろう)は、日本の伽話(おとぎばなし)、及びその伽話内の主人公名。一般に知られるあらすじでは、亀を助けた報恩として浦島太郎が海中に連れて行かれ、龍宮(竜宮)で乙姫らの饗応を受ける。帰郷しようとした浦島太郎は、「開けてはならない」と念を押されつつ玉手箱を渡される。帰り着いた故郷では、龍宮で過ごしたと感じたより遥かに長い年月が経っており、失意の余り玉手箱を開けてしまった浦島太郎は、年老いた鶴に化するというものである。浦島子伝説が原話とされ、古くは上代の文献(『日本書紀』『万葉集』『丹後国風土記逸文』)に記述が残る。それらは、名称や設定が異なり、報恩の要素も欠け、行き先は「龍宮」ではなく「蓬萊(とこよのくに)」なので、異郷淹留譚(仙境淹留譚)に分類される。日本各地には、浦島太郎が居たと伝える伝承や縁起譚があり、浦島の名の出ない類話も存在する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ