岡山駅構内での朝食、CAFE BAR Muscatで熱犬でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




新幹線改札内にあるCAFE BAR Muscatなんですが、今まで入る機会が皆無でございましたですね、出来たのは勿論のこと知っておりましたが。そういうシチュエーションなかった次第です。姫路まで行くのに待ち時間があったので、初めて入店する運びとなりましたですが、ホットドッグを食べてみましたです。ホットドッグって拙者らが子供の頃にはキッチンカーで売り歩いていた記憶がございましてね。たまたまそれを購入して食べて、痛く気に入りましてですな、当時の好物になっていた記憶がございます。その当時はハンバーガーなんてものはあまり知られてもすなかった頃合いでございます。そんな時代もあったのでございますですよ、そこの奥さん(←誰やねんw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    ホットドッグ(英語: hot dog)は、ソーセージを細長いバンで挟んだ食品である。なお、英語の”hot dog”(熱い犬)は、ソーセージ単体と、ソーセージを細長いバンで挟んだ食品との両方の意味を持つ。アメリカ合衆国ナショナル・ホットドッグ・ソーセージ評議会の声明によれば、ホットドッグはサンドイッチの一種ではなく、独自の食種に区分されるということである。ホットドッグに用いるソーセージは、通常、湯煎あるいは直接茹でて温めるか、焼網や鉄板などの上でグリルされる。店舗や屋台においては保温機能を持つ回転式の専用グリラーが使用されることが多い。パンは常温で用いる以外にも、トーストしたりスチームしたり店や好みによって様々である。味付けはマスタードが基本であり、好みに応じてトマトケチャップ、タマネギやピクルスを細かく刻んだレリッシュ、ザワークラウトなどが用いられる。チリミートをかけたチリドッグ、溶かしたチェダーチーズをかけたものや、トマトなどの野菜を挟んだシカゴドッグ、サルサをかけたサルサドッグなどさまざまなバリエーションがある。日本ではケチャップが基本となることが多い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ