松屋岡山駅前店が、松のや併設店舗になっていたもので。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。

東京から岡山に帰着したランチには少し早いタイミング、開いている食事処を物色していると目に留まった松屋。いつのまにか松のや併設店舗になっていたのでございますね。気が付きませんでした。なのでトンカツ定食でございます。共喰いばっかりしてると体に良くないのは知ってますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、牛丼(牛めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開する企業。2018年(平成30年)から持株会社制へ移行した。創業者の瓦葺利夫が、1966年(昭和41年)に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのが始まりである。なお、この店は1969年(昭和44年)に閉店した。この店がなかなか軌道に乗らなかったこと、商店街で商売を試してみたかったこと、専門誌で紹介されていた「何時屋」の「ぶっかけ」という牛めしに衝撃を受けたこと、そしてすでに牛めしチェーン販売をしていた吉野家の味に感銘を受けたことなどにより、瓦葺は牛めしの研究を重ねて独自の味を完成させた。そして1968年(昭和43年)6月、東京都練馬区栄町(江古田駅北口)に、牛めし・焼肉定食店「松屋」1号店として松屋江古田店を開店。この店舗は「松屋江古田店」として現存、店内には「松屋1号店 江古田店 松屋の歴史はここから始まった」と書かれた掲示と、松屋の歴史を解説したパネルが展示されている。同業の他社チェーンと比較し、牛めし以外のカレーライスや定食などの比率が高いのが特徴である。これは1号店の江古田店近辺が、大学などが多い学生街で昼間は学生で賑わい、ベッドタウンでもあることから夜は独身サラリーマンが帰ってくるという当時の土地柄を考慮し、学生層向けの牛めしだけではなく独身サラリーマン層向けに定食を提供するスタイルを採用。「牛めし」「定食」「カレー」の三本柱でメニューを構成することになり、その後の展開においてもこの方針を維持している。ロゴマークは当初、社員の家族が考えた丼を持っている牛(通称:牛ちゃん)だった。会社が大きくなってきたのでデザイナーに依頼し、盆に乗せられた丼と味噌汁椀をモチーフとしたものになった。これは、丼・カレーに味噌汁が付く松屋の特色を表したものである。2021年(令和3年)7月時点の未出店地域は青森県、鳥取県、島根県、高知県、佐賀県、長崎県、宮崎県である。このうち、長崎県・佐賀県の2県はかつて松屋が出店していたが、2014年から2015年にかけて相次いで撤退している。ただし、松屋フーズの公式サイト「物件情報募集」では、撤退後も引き続き佐賀・長崎・鹿児島県内の物件を募集しているため、再進出する可能性もある。また、2013年11月をもって熊本県からも一時撤退していたが、2017年10月に後述の「松のや」が出店、2019年8月には「松屋」が6年ぶりに再出店した。2020年には大分県へも、さらに2021年には秋田県へも出店した。海外では、中国・上海市と台湾・台北市のほか、ラーメン居酒屋や豚カツ専門店などを米国・ニューヨークで営業している。2015年頃より「松屋」の出店数がほぼ横這いとなっているのに対し、第二の主力業態としてとんかつ店「松乃家」「松のや」の出店を加速させている。低価格のとんかつ店チェーンは他に「かつや」(アークランドサービス)がある程度で競合が少ないことに加え、既存の「松屋」店舗の近所に好条件の物件が見つかった際に「同じブランドの店舗は出しにくい」という事情もあるという。沖縄県では先に「松のや」を出店させ、定着したところでのちに「松屋」を出店している。2018年10月1日付で持株会社制へ移行し、株式会社松屋フーズ(初代)は株式会社松屋フーズホールディングスへ商号変更され、「松屋」事業は会社分割で設立された株式会社松屋フーズ(2代)が継承した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ