岡山桃太郎空港から東京羽田空港へ飛び立ちます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






東京に戻るために羽田空港へ向かいます。ここのところ関東方面に出向く時は新幹線ばっかりだった気がします。久々ですな、岡山空港からは。正直、所要時間的なメリットがあまりないのでね、東京へ赴くのには。吾輩、LCCで羽田以外の便が出来てくれることを願っております今日この頃でございます。東京に居て岡山に出張で来るときは飛行機ばっかりだった吾輩ですが、今ではすっかり岡山のニンゲンになっていることを痛感するんでございます…東京へ「行く」って感覚になっちゃってますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    岡山空港(おかやまくうこう、英: Okayama Airport)は、岡山県岡山市北区にある地方管理空港。愛称は「岡山桃太郎空港」。岡山市中心部の北西15㎞に位置している。旧岡山空港は岡山市南部にあり、1,200mの滑走路を有していたが、地形的に滑走路の延長が困難であった。このため1988年に、2,000mの滑走路を有する新空港が北西部の山林を切り開いて建設された。その後、滑走路は二度に渡って延長され、3,000mの滑走路を有する空港となった。旧岡山空港は岡南飛行場へと名前を変更し、セスナ機など小型機専用の空港として存続している。東京便は東海道・山陽新幹線と競合しており、利用客の駐車場を無料にするなどの対応策を採っている。FAZ(輸入促進地域)にも指定されており、航空貨物ターミナルも整備し、旅客だけでなく、航空物流の活性化を図っている。2014年(平成26年)3月30日に日本航空、同年10月26日に全日空がそれぞれ1往復増便して両社6往復となり、東京線は開港以来最多となる12往復となった。しかし、2015年(平成27年)10月の秋ダイヤでは日本航空・全日空両社ともに各1往復減便することとなり東京線は10往復に戻っている。年間利用客数は、国内1,197,034人、国際157,476人(2014年度)[2]。2008年(平成20年)度では123万1000人で、滑走路拡張にあたって1997年(平成9年)度に岡山県が2011年(平成23年)度の予測値とした121万3000人を1万8000人上回り、新設・拡張時の需要予測を超えた数少ない事例とされている。なお、実際の2011年度の利用者数は予測から6万人近く上回る127万人であった。国内線は東日本大震災の影響で微減であったが、国際線が好調だったことで前年を上回っている。空港内の航空会社の旅客業務、貨物・郵便業務、グランドハンドリング業務、運航支援業務と、ターミナルビル・ラウンジマスカット・ANAラウンジ・JALサクララウンジの案内業務は、両備ホールディングス(両備スカイサービスカンパニー)が行なっている。岡山空港には国内主要空港に設置されているANAとJALの上級会員専用ラウンジ「ANAラウンジ」「JALサクララウンジ」のいずれもが設置されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ