御厨駅南口にある、御厨古墳群の鞆型埴輪のモニュメント。

東海道本線の御厨駅周辺には国の史跡である御厨古墳群がございます。御厨駅南口には出土した鞆型埴輪のモニュメントが設置されておりました。

DoraNeko

にほんブログ村ランキング参加中。赤いバナーをクリックしていただけると感謝感激雨アラレちゃんです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント一覧 (1件)

  • Wikipediaから引用
    御厨駅(みくりやえき)は、静岡県磐田市鎌田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。住民の働き掛けで新設が決まった請願駅で、駅名は旧御厨村に由来する。東海道本線の静岡県内区間での駅新設は、愛野駅以来19年ぶりである。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ヤマハスタジアムで開催されるジュビロ磐田主催試合での混雑を想定して、ホーム幅は5メートルと広めに造られている。ホーム下を暗渠化した倉西川が横断している。磐田駅管理の業務委託駅である。駅舎はホームの上空に設けられた橋上駅舎。東海道本線とこの付近では並走する東海道新幹線をまたぐ自由通路を経て北口と南口、西口が設けられている。西口は将来的にパークアンドライドの利用も想定している。北口広場は、ヤマハ発動機が施設命名権を取得し、「ヤマハ発動機Revsサークル(レヴズ サークル)」と名付けられ、愛称名板モニュメントが設置された。ヤマハ関連の施設や古墳が点在している。

コメントする

目次