知夫村

スポンサー広告

知夫村(島根県)の「フタw」

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

島根県隠岐郡知夫村(島根県・隠岐地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その1です。(撮影or提供/ゴールドマン様)

chibu01

主要産業である畜産にちなみベンチに座ってくつろぐ牛のキャラクターが描かれている
–PR–


WikiPedia
Screenshot知夫村

知夫村(ちぶむら)は、島根県隠岐郡の村。隠岐諸島南端の知夫里島と周辺の浅島・島津島・大波加島などの無人島により構成される。2005年10月1日以降、県内唯一の村となった。島の中央南部にわずかに平地が開けるほかは急峻な山が連なって海岸に迫り、断崖絶壁を形成する。北部の来居(くりい)港から島前の別府港、菱浦港を結ぶ隠岐観光の島前内航船や島後の西郷港、松江市の七類港及び鳥取県の境港とを結ぶ隠岐汽船の定期船航路がある。西海岸には高さ200メートルもの巨大な赤い岩の壁「知夫赤壁」がある。また、隠岐諸島で唯一、タヌキが生息する。このタヌキは、飼育用に本州から持ち込まれたものが逃げ出し、自然繁殖したもので2000匹以上が確認されており、農作物などを食べられ被害も深刻である。古代の隠岐国知夫(ちぶり)郡由良(ゆら)郷の地であり、延喜式神名帳の渡津(わたつ)神社は現在の由良姫大明神とされる。知夫村は古代から一島一村で現代まで続いている。

島根県のニュース(Googleニュース)

No items, feed is empty.

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示