市川真間駅は、千葉県市川市真間一丁目にある、京成電鉄京成本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










京成電鉄京成本線の市川真間駅でございます。複線区間にある島式2面4線の地上駅で、橋上駅となっております。周辺に学校が多く存在する大規模な文教学園都市となっており、千葉商科大学、国府台女子学院、日出学園高等学校、東京聖徳学園、千葉県立市川昴高等学校、千葉県立国分高等学校などの最寄り駅となっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    市川真間駅(いちかわままえき)は、千葉県市川市真間一丁目にある、京成電鉄本線の駅である。かつての京成電気軌道の中枢部とも言える場所で、駅北側には京成直営の遊園地だった「東華園」(菊人形で有名)、京成電燈部事務所、本多貞次郎邸があった。京成電鉄診療所があり、「本多貞次郎頌徳碑」も残っている。駅名は真間という地名に由来する。この地名は幕末期、歌川広重作『名所江戸百景』の一作「真間の紅葉手古那の社つぎ橋」に描かれており、継橋(つぎはし)は『江戸名所図会』『葛飾誌略』『葛飾記』に紹介され、「真間の手児奈(てこな)伝説」として『万葉集』の中で山部赤人らにより詠われた「真間の継橋」のことで、手児奈霊神堂南西方に現存する。現在の東京湾の海岸線が内陸寄りだった当時、この一帯はかつて「真間の入江」と呼ばれる海岸地帯で、蘆の生い茂った砂洲が広がっていた。 真間の継橋とは下総国の国府(国庁)があった国府台へ向かうための橋で、砂洲を中継地点として複数の板橋を架け渡してあったことからこの名を得たとされる。背後には田園風景が広がり、周囲は長閑な農村地帯となっていた。現在では住宅街になっており、かつての橋を記念して擬宝珠つきの真っ赤な欄干が建てられている。島式ホーム2面4線の地上駅。開業当初から島式ホーム2面4線だったが、ホーム延長など駅構内の改良により、後には[いつ?]待避駅機能が無くなって相対式ホーム2面2線の地上駅となり、駅舎も上下線別に有していたが、1972年の大規模駅改良工事完成後は、島式ホーム2面4線、橋上駅舎を有するようになり、現在に至る。2008年3月15日にはホームとコンコースとの間にエレベーターが設置された。ホームにはLED発車標が合計4台が設置されている。待避設備があるが、駅全体がカーブにかかっていることもあり、上りの本線(2番線)を通過する列車は大幅な徐行を余儀なくされている。待避線の1・4番線は、以前は朝夕のラッシュ時に普通(各駅停車)が通過待ちを行う程度だったが、2006年12月のダイヤ改正以降、日中時間帯における普通の「スカイライナー」待避駅が船橋競馬場駅から当駅に変更され、しばらくは使用頻度が増えた。2010年7月17日の成田スカイアクセス開業のダイヤ改正時で、日中の使用頻度は再度減少した。京成上野駅寄りには渡り線があり、非常時には折り返せるようになっている。現在は普通のみが停車するが、現行ダイヤにおける快速が登場するまでは急行の停車駅であった。ダイヤ乱れが発生した際に特急が臨時停車することがある。2009年11月28日に運行された臨時特急「ミラフォレスタ号」京成3300形3312編成は、当駅に10分程度停車した。市川真間管区として、国府台駅と菅野駅を管理下に置いている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ