宇多津町

スポンサー広告

宇多津町(香川県)の「フタw」

本文中の画像は(一部を除き)クリックで拡大表示されます

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

Warning: A non-numeric value encountered in /home/doranekoweb/doranekoweb.com/public_html/wp-includes/SimplePie/Parse/Date.php on line 694

香川県綾歌郡宇多津町(香川県・中讃地域)の「マンホール蓋=街のフタw」その1です。(撮影or提供/DoraNeko)

–PR–


WikiPedia
Screenshot宇多津町

宇多津町(うたづちょう)は、香川県のやや西に位置する町。人口密度・人口増加率、共に香川一である。町名の由来は旧郡の鵜足(うた)郡の津という事であり、古くは鵜足津とも表記された。香川県で最も小さい市町村である。しかし、経済的に比較的余裕があるため、平成の大合併による合併は行われなかった。 大合併が続いて小さな町が大量に大きな市に吸収された香川県の中ではやや浮いているといえる。町内のうち、字吉田の地域(番の州臨海工業団地の一部)は埋め立て地であるが、町内他場所とは北浦漁港で隔てられているため、陸路でのアクセス手段は隣接する坂出市を経由しなければならない飛び地である。かつては広大な塩田が広がっていた町だったが、1980年代以降塩田が埋め立てられ再開発が始まった。その後瀬戸大橋の開通にあわせ、JR宇多津駅舎も予讃線の移設(かつてはやや内陸部を走っていた)と合わせて高架化され、ゴールドタワーなどの観光・商業施設の充実や高層マンションの建設や中層マンションのラッシュなど大きな発展をみせた。現在も以前のような勢いはないものの、マンションやスーパーなど商業施設の建設が行われており発展し続けている。

香川県のニュース(Googleニュース)

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FACEBOOKでコメント

ご自身が撮影されたマンホール蓋を投稿してみませんか?
自分の地元・ご当地にも素敵なデザイン(に限りませんがw)のマンホール蓋があるのに掲載されてない!
街おこしや地域活性化の一助として様々なところにリンク付きで掲載してPRしたい!
などとお考えでしたらぜひ当サイトに掲載させてください。画像添付ができるコメント欄からもお気軽にどうぞ。
ご希望があれば本文や掲載文とともにPRコメントも掲載させていただきます。

一応、マンホール蓋に限らず、消火栓や量水器の蓋などで外見が「フタ」な路上設置物が原則です。
表面がコンクリート製などのものは除かせて下さい。

フタwランダム表示