なんちゅうか、中華街っちゅうか、だす。

イオンモール岡山の6Fにおわします、横浜中華街の梅蘭さんの店舗ですな。本日の遅めのランチはご自慢のやきそばをいただいてみましたです。ごっつぉーさんどした。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    焼きそば(焼き蕎麦、やきそば)とは、麺料理の一種。蒸した(あるいは茹でた)中華麺を、豚肉等の肉類、キャベツ、人参、玉ねぎ、もやし等の野菜類といった具とともに炒めて作る。日本ではウスターソースを使用したソース焼きそばが普及している。最近では塩焼きそばというのも徐々に普及してきている。日本における焼きそばは家庭料理や飲食店のメニューとして一般的である。さらに屋外であっても鉄板一枚あれば調理可能なことや調理手順が簡単な事から、縁日の露店、学園祭などイベントの模擬店・売店、スナックコーナーなど様々な場所で売られている。また、地域おこしのためのご当地グルメにもされている。常温または電子レンジによる再加熱で、すぐ食べられる調理済み焼きそばが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの惣菜・弁当コーナーで広く販売されている。『にっぽん洋食物語大全』(小菅桂子著)には「ソース焼きそばを浅草焼きそばと呼ぶ人もいる」と書かれており、昭和10年代(1935年 – 1944年)の浅草でソース焼きそばが名物とされていたことが記されている。大正から昭和初期に流行したどんどん焼きの屋台でも焼きそばは販売されており、少なくとも東京などの都市部においては戦前から一般的な軽食として定着していたことがわかる。既製の中華麺が流通するようになった昭和30年頃からは家庭料理としても作られるようになり、またお好み焼きやもんじゃ焼きなどと並ぶ子供のおやつとして駄菓子屋などでも提供されていた。中華料理の炒麺も、日本では一般に焼きそばと呼称される。日本の焼きそばによく似た「上海炒麺」がある。このほか、炒めた麺の上に、調理した肉、海老、人参、筍、椎茸などの具を水溶き片栗粉などでとろみをつけて合わせた餡を掛けたものは「五目あんかけ焼そば」あるいは単に「五目焼きそば」「あんかけ焼きそば」と呼ばれる。この餡は中華丼の具や八宝菜に類似する。また、油で揚げてパリパリにした麺の上に餡を掛けたものは「堅焼きそば」(あるいは「あげそば」「バリそば」)と呼ぶ。これから派生した料理として長崎市の皿うどんがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)