女神様たちに見られたんかいな?みたいな用便ですわw

「トイレの女神ちゃん!」たちがいらっしゃる前で用を足すのはそれはそれでオツなものでござりますな。オツなもの、って表現はイマドキ理解できるヒトは少ないかもしれないねー。とか思いながら出すものは出すんだすっ。・・・・イオンモール岡山の6Fでございました。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    イオンモール岡山(イオンモールおかやま)は、岡山県岡山市北区にあるイオンモール株式会社の都市型ショッピングセンターである。2014年(平成26年)11月29日から6日間のソフトオープン(プレオープン)を経て、12月5日にグランドオープンした。イオンモールの西日本の旗艦店に位置づけられている。イオンモールがJR岡山駅南の旧林原所有地を取得、2014年12月5日に開業したショッピングセンターであり、同社が政令指定都市中心駅前に立地する商業施設を手がけるのは初めてとなる。開発計画では中国・四国地方最大級の「都市型大規模モール」として、地下2階・地上8階の多層階、350の専門店で構成されている。イオンモールの「西日本における旗艦店」と位置づけ、年間2000万人の集客を見込んでいる。着工時に発表された開発コンセプトは「おかやま未来スタイル創造特区」であり、東京や大阪・神戸など大都市圏と遜色ない商品を取り入れた商業施設が目指されている。1階から4階までは「“モノ”体験」として先端ファッションやフードコートなどが整備される。5階から7階は「“コト”表現」として、ルーフトップガーデンやレストラン街のほか、岡山放送(OHK)のスタジオ・報道部門のオフィス、600席のホール、シネマコンプレックスなどが整備される予定とされた。2014年8月22日には店舗の詳細が発表され、モールコンセプトとして「ハレマチ (haremachi) 」が発表された。モール内は、岡山駅南地下道と接続する地下2階のharemachi Gate、1階-4階までつながる吹抜けの「未来スクエア」、オープントップ部分にステップガーデンが配置された5階-7階の「haremachi Garden」という「3つの異なる都市空間」で構成される。また、開業当初のテナントは356店舗(うち岡山県の地元企業65店舗、岡山県内初出店238店舗)であり、600席収容の「おかやま未来ホール」、岡山のものづくりを体感できる「ハレマチ特区365」の導入、モール独自のインターネットテレビ放送局「haremachTV」などの広域情報発信機能が設置される。中心市街地への立地から公共交通機関の利用を見込み、駐車場は約2,500台分の整備にとどめ、イオンモール倉敷など郊外型の既存店に比べて少ない配置となっている。なお、東に面している市役所筋を介して向かい側には同じイオングループのファッションビル・岡山ビブレがあったが、イオンモール岡山の開業に伴い、2014年5月11日をもって閉店した。跡地はイオンモール岡山と一体で再開発する方針で検討が進められている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)