十三の見返りトミー君。

立ち小便しながら振り返っている小便小僧の像ってスタイルですが、浜松町駅の小便小僧と同じく、着せ替えしてもらってるんですよね。東の浜松町・西の十三ってところでしょうか。

Screenshot
大阪ローカル通信
見返りトミー君の由来。
「十三駅前は、昭和二十六年六月七日の大空襲により一面焼け野原になりました。戦後、大阪の復興と街を立ち直らせようとして、多くの人達が集い、賑やかな街になりましたが、「ションベン横丁」と呼ばれていました。その後、地域の商店街が中心となり美化活動に取り組み、良い環境となりましたが、その名前が愛称として残り、皆様に愛される十三として発展しました。「見返りトミー君」をシンボルとして、このような街の歴史を末永く記録し、ここの十三の発展を祈願します。」
つまり十三の発展の歴史を踏まえたションベン横丁のシンボルとして「見返りトミー君」ができたという感じですね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    小便小僧(しょうべんこぞう、Manneken Pis)は、放尿する少年を模した像であり噴水。1619年にフラマン人彫刻家・ジェローム・デュケノワ(Jérôme Duquesnoy)により製作された。現在設置されている像はレプリカであり、オリジナルの像は1960年代に盗難防止のためにブリュッセル市立博物館(王の家)に所蔵された。なお、付近には、かがんで放尿する小便少女(Jeanneke Pis)の像もある。一つは、ブラバント公ゴドフロワ2世に関する説。1142年、当時2歳のゴドフロワ2世率いる軍は、グリムベルゲン(英語版)での戦いの際、戦場の兵士を鼓舞するため、ゆりかごに幼い支配者を入れて木に吊るした。 そこから公は敵軍に向かって小便をし、味方軍を勝利に導いたという。一つは、反政府軍がブリュッセルを爆破しようとしかけた爆弾の導火線に小便をかけて消し、町を救った少年がいたという武勇伝説。この少年の名はジュリアンJuliaanskeといい、小便小僧の愛称「ジュリアン坊や」はここに由来するといわれている。様々な機会に、衣装が贈られることが慣習となっている。130回も服を着るだけでなく、1000着もの衣装を持ち衣装の大部分は、グラン=プラスのブリュッセル市立博物館(王の家)に所蔵されている。日本においても様々な所に置かれている。兵庫県伊丹市の荒牧バラ公園にある像は、ベルギーのハッセルト市から贈呈されたレプリカ像である。徳島県三好市の祖谷渓にあるものは上記レプリカではなく由来も異なる別物であり、容姿も日本人少年風である。約200mの深い谷を見下ろす岩の上に立っている。昔、旅人が度胸試しにここから放尿したという話にちなんでいる。なお、ここで実際に放尿しても谷底に届く前に霧になってしまうという。像自体には放尿の設備はない。1968年、河崎良行による作。かつて東京駅にある大丸東京店で純金製の小便小僧(高さ不明、時価約450万円)が飾られていたが、1972年(昭和47年)1月22日に盗まれてしまった。東京都港区のJR浜松町駅構内のホームにある小便小僧は、港区のボランティア団体により、毎月衣装が変えられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)