リモートワーク中のランチタイム@大学病院PT.3

今週は月曜日以外はずっと自宅引き籠りでリモートワーク。テレワークとも言いますな。照れてワクワクしまんな~英語は。しかし、現在運動不足も甚だしいことになっておりますわいな。体内に摂取したカロリーょ使わないのに、それでも腹は減る。腹が減っては戦は出来ぬ。戦はしないけど。平和主義者だから。測らなくても体重激増中なの自覚しながら、しょーこりもなくランチは摂取致します。で、本日も大学病院内でのカロリー摂取でございます。なにやら様々盛り付けてあって何かカロリー相当多そうに見えますが、実はそうでもないらしいですわ、知らんけど。←知らんのかいっ!

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    テレワーク(英: telework)あるいはテレコミューティング(英: telecommuting)とは、勤労形態の一種で、情報通信技術(ICT、英: Information and Communication Technology)を活用し時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態をいう。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語。在宅勤務(WFH)、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。「在宅勤務」と「テレワーク」は密接な関係にある概念であるが、両者には違いがある。中央に配置された作業スペースの外で行われるあらゆる種類のテクノロジーを利用した仕事(自宅で行われる仕事、外線通話などを含む)は、テレワークとみなされる。在宅勤務者は、従来のオフィスを維持し、通常は週1日から3日の間、別の勤務地で仕事をすることが多い。在宅勤務とは、より具体的には、通勤時間を短縮できる場所で仕事をすることを指す。このような場所には、ブロードバンド接続、コンピュータや電話回線、そして相互作用やコミュニケーションに使用されるその他の電子メディアを介して促進される、家庭内やその他の遠隔地の職場がある。在宅勤務よりも広い概念として、テレワークには4つの側面があると定義されている。それは、中央集権的な組織の職場以外であればどこでもよいという勤務地、テレワークを技術的にサポートするためのICT(情報通信技術)の利用、従来の職場で置き換えられていた時間の配分、雇用主と被雇用者の間の雇用関係の多様性(契約労働から従来のフルタイム雇用まで)である。在宅勤務をする人は「在宅勤務者」、「テレワーカー」と呼ばれ、「在宅勤務者」や「自宅勤務者」と呼ばれることもある。在宅勤務者は、呼称として、また専門的な文脈では「在宅勤務の専門家」とも呼ばれる。在宅勤務者の多くは自宅で仕事をするが、「ノマドワーカー」と呼ばれることもあり、コーヒーショップなどで仕事をする人もいる。「在宅勤務」と「テレワーク」という用語は、1973年にジャック・ニールズによって造語された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)