鳥取駅北口のサンロードあたり。




宿泊した鳥取駅の南側あたりにはディナーに適した店舗がなかったためエキナカの海鮮居酒屋へ、こちらはお一人様席の空きがなしでお断りされて、同じくエキナカでおつまみセットなるものがメニューにあったので入店して生ビール中とおつまみでやれやれ一息つけたわい、と思ったところで「ラストオーダーのお時間で・・・」って、土曜日の18時30分過ぎたところなんですが?どうなってんねん、とプンスカしながら北口サンロードあたりうろつくも、閑散としているわりに開店している店舗の数が少ないせいで、どこもダメぽ、なのでコンビニで買ったものばホテルの部屋で、というお粗末かつ残念な土曜日の鳥取駅周辺の夜ってことになりましたよ。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    株式会社鳥取大丸(とっとりだいまる, 英文:The Tottori Daimaru, Inc.)は、鳥取県に地盤を置く日本の百貨店である。智頭街道沿いにあって当時山陰一といわれた江戸時代から続く老舗の由谷呉服店を経営していた由谷正太郎が、米原章三らと共に、1937年(昭和12年)2月17日に資本金30万円で株式会社丸由百貨店を設立し、鳥取駅前に鉄筋コンクリート4階建の店舗を建設して同年12月に丸由百貨店(まるゆうひゃっかてん, Maruyu Department Store)を開いたのが始まりである。2012年(平成24年)夏に着工予定の鳥取市道駅前太平線を覆う大屋根設置による商店街との連携の強化、店舗前に開設が予定されている芝生広場(約300 m2)でのイベントやオープンカフェなど、鳥取駅周辺の再開発による中心市街地活性化策による、集客力強化も狙っている。2019年9月経営陣を刷新。鳥取を笑顔のあふれる街にすることを目指し、第一弾リニューアルを実施、1階化粧品フロアには山陰初出店となるロクシタンが入り、4階の無印良品が拡大されるなど、再スタートを切った。2020年4月には第二弾リニューアルとして、5階フロア、屋上フロアを人々の集う場とするためのリニューアルを予定している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)