吉松駅前の古豪C55形52号機と肥薩鐵道開通記念碑など。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






きっちりと整備された駅前広場の北側には上屋が設置された中にC55形52号機が置かれ、遮断機のついた踏切、信号機などが展示されています。

駅舎正面向かって左側には動輪と肥薩鐵道開通記念碑・吉都線全線開業百周年記念碑もございましたです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    吉松駅(よしまつえき)は、鹿児島県姶良郡湧水町川西にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。肥薩線に所属し、当駅を起点とする吉都線を加えた2路線が乗り入れる。かつて両線は鹿児島本線と日豊本線であり、この駅は幹線の分岐駅として賑わった。特急「はやとの風」の始発・終着駅であるとともに、人吉駅・熊本駅まで走る観光列車「いさぶろう・しんぺい」号の始発・終着駅でもある。北方より来た肥薩線に、東から吉都線が寄り添う形で構内に入る。地上駅で島式ホーム2面4線とかつての幹線の要衝らしい規模である。駅舎とホームは真幸方(北側)の跨線橋により行き来できる。駅舎に接して、既に使われなくなった単式ホームがある。現在の駅舎(=2代目)は昭和43年(1968年)4月に落成したもので、鉄筋コンクリート2階建てで、1階部分に待合所や改札口・切符売り場などがある。なお以前(=初代)は木造駅舎であった。改札上の運賃表には真幸駅・矢岳駅・大畑駅への運賃が書かれていないが、これは当駅との間を乗り降りする人がほとんどいないためである。当駅の窓口では、真幸駅の記念入場券や「鶴丸 – 吉松 – 真幸」と縁起の良い駅名の並ぶ記念乗車券も発売されている。改札外に待合所がありここには囲炉裏の付いた座敷があり、2017年3月11日には鹿児島県内の有志によるストリートピアノプロジェクトを通じてアップライトピアノが設置された。肥薩線および吉都線のCTCセンターが併設されている。駅前広場がきちんと整備され、C55形蒸気機関車52号機が静態保存されているほか、吉松の町と鉄道との関わりを紹介する展示館なども設けられている。駅前のスーパーは閉店しているが、徒歩5分ぐらいの所にコンビニエンスストアがある。また駅前近くには「汽笛饅頭」という菓子を売る店があったが2015年5月23日をもって閉店した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。