大分自動車道山田SAグリーン・キッチンのカツカレー。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


朝倉から日田に向かって移動中の大分自動車道山田SAにてランチです。結構運動してカロリー消化しているので極めて高カロリー食品であるカツカレーをセレクトでございます。こんなんしとるさかい痩せないんじゃ、とか自己ツッコミしながら豚を食すという共食い豚ジジイでございますなw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    カツカレーとはカレーライスと豚カツを組み合わせた日本の料理。カレーライスにトッピングをした最初の例である。豚カツではなく、牛カツ、チキンカツ・メンチカツ・ハムカツなどなどが用いられる場合もある。東京都中央区銀座の洋食店「グリルスイス」で1948年(昭和23年)に考案されたと言われている。常連客のプロ野球・読売ジャイアンツ・千葉茂が「別々に食べるのは面倒だから」と注文したことがきっかけで、グリルスイスとその系列店では現在も「元祖カツカレー」と「千葉さんのカツレツカレー」というメニューを出している。千葉茂の逸話とは別に東京市浅草区浅草(現・台東区浅草)の洋食屋台「河金」が豚カツを載せた丼飯にカレーを掛けて「河金丼」と称して1918年(大正7年)に提供したとも言われる。高脂肪・高カロリー食品であり胃腸にかかる負担が大きく、カツの衣に使うパン粉も炭水化物であるため、高糖質でもある。例として、カレー専門店チェーンの壱番屋の場合、ポークカレーのエネルギー748 kcal に対し、手仕込とんかつカレーのエネルギーは1,316 kcal となっている(いずれもライス量300 g の数値)。糖尿病対策においては、避けるべきメニューとして挙げられることが多い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ