津山市にある道の駅久米の里の名物、ガンダムZモビルスーツ。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




お台場のものが全国的には有名ですが、ここのガンダムのほうが先だったはずです。それにしても個人が7年間掛けて制作したってブツですからね、大したものですよ。それと、ワタクシはただ単に模型として置いてあるだけなのだろうと長年思っていたんですが、実は中に入って操縦することが出来るんですね、それは知らんかったwww

Screenshot
道の駅 久米の里
身長7メートルの巨大モビルスーツは、津山市在住の中元正一さん(1964年生まれ=完成時35歳)が自ら設計書を描き、製作者 中元正一氏たった一人で製作したもので、コックピットに人間が乗り込んで歩かせ、さまざまな作業を行うことの出来る二足歩行型有人汎用機械をコンセプトに、7年間の作業期間を経て1999年(平成11年)12月に完成させたものです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    道の駅久米の里(みちのえき くめのさと)は、岡山県津山市にある国道181号の道の駅である。農産物を販売している活菜館が地元久米地域の新鮮な農産物を販売していることで有名。特にジャンボピーマン「ジャンピー」は、台湾原種のピーマンであり、ピーマン独特の苦味もない。地元特産品を販売している仙人館では作州名物さば寿司をはじめ郷土みやげを販売。レストラン部門の食遊館では津山ホルモンうどん協力店にも加盟し、津山ホルモンうどんを提供している他、牛肉を素材にしてつくる津山焼そば、お汁かけごはんなどを販売。2010年リクルート中四国じゃらんの第4回道の駅満足度ランキングにおいて前回の24位から中国地区第1位と初のランキング入りとなる。これは当時の金田稔久支配人(2代目・就任期間3年、全農岡山・中鉄グループ出身)が、奇抜なアイデアと行動力で、収支改善にも貢献すると同時に、生産者と消費者との橋渡し役として尽力し、レストラン部門でも地元由来のメニュー開発をするなどの功績が大きかったと評価されている。現在は岩野支配人(4代目・中国銀行出身)が就任しているが、その後のランキング入りはない。また、構内の西側にモビルスーツΖガンダムの模型が展示されている。機体は久米町在住の中元正一により7年の歳月をかけて製作され、2000年(平成12年)に当時久米町(現津山市)に寄贈され、当時の久米町により格納庫が建設された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。