宝塚北サービスエリアは、宝塚市玉瀬にある新名神のサービスエリア。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




Screenshot
ハイウェイの宝島 宝塚北サービスエリア
NEXCO西日本情報提供サイト. 大阪から車で約30分! 上り線、下り線共通サービスエリア!

三重県津市への出張の折に立ち寄った新名神高速道路の宝塚北サービスエリアでございます。ついこの間、宝塚にも津にもプライベートで訪れたばかりなんですが、この度は業務上の出張なのでございます。岡山から津までの長距離を運転しての出張でございます。ワタクシは運転自体は昔から長期にわたる稼業でございましたから苦でもジュウでもございません。今もあちこち旅先で運転しまくってます。で、ここなんですが、宝塚花のみち・宝塚大劇場、果ては手塚治虫記念館にちなむモニュメントと、節操なく模倣しまくりですがなw タイミング的に、ここで飲食はしませんでしたが、そのうちまた来るんでしょーなー。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    宝塚北サービスエリア(たからづかきたサービスエリア)は、兵庫県宝塚市玉瀬にある新名神高速道路のサービスエリアである。スマートインターチェンジを併設する。構造は上下線集約型である。基本計画公示時には計画されていなかったサービスエリアだったが、以前より兵庫県と宝塚市が中国自動車道西宮名塩サービスエリアの混雑緩和のため、新たなサービスエリアの設置を西日本高速道路(NEXCO西日本)に要望しており、2009年(平成21年)8月10日にNEXCO西日本と日本高速道路保有・債務返済機構が結ぶ協定を変更、同年8月28日に事業許可が変更され、整備されることが決定した。また、宝塚市長が市の本会議で当SAに併設される形でスマートインターチェンジを整備する方針であると表明した。かつては環境への影響などを配慮し判断を留保していたが、市民からの要望を受け、設置の方向となり2012年(平成24年)4月20日、宝塚北スマートインターチェンジの仮称で正式に設置が決定した。宝塚市と西日本高速道路は約9億5000万円かけて周辺道路などを整備し、宝塚市は整備費のうち約2億2000万円を負担した。「宝塚モダン」をコンセプトに、宝塚市の「花のみち」周辺をイメージした南欧風イメージの建物[8]が高速道路に垂直方向に伸び、その中にフードコート、ショップ、ベビールーム、トイレが整備されている。施設群は上下線集約型で、建物を挟んで西と東に上り線と下り線の駐車場が広がる。店舗面積や駐車場台数は西日本最大規模。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。