粟生駅は、兵庫県小野市にある、JR西日本・北条鉄道・神戸電鉄の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




JR西日本加古川線・北条鉄道北条線・神戸電鉄粟生線の3路線が接続するっちゅうんですから普通ならどんだけデカい駅なのかな~とか思うんでしょうなあ、都会の人ならね。現実問題、ローカル線の三路線が集合しとるワケでんがな。運行本数がめっちゃ少ない三路線が接続するっちゅうのもなかなかにしんどいハナシですわな~。運賃収受方法も困難の極みですがな。配線的にっていうより共同使用駅であるゆえのホームの配置がこれも、なかなかにしんどいハナシですわな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    粟生駅(あおえき)は、兵庫県小野市粟生町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・北条鉄道・神戸電鉄の駅である。神戸電鉄では最西端の駅である。JR西日本の加古川線・北条鉄道の北条線・神戸電鉄の粟生線が乗り入れている。このうち、北条線は当駅が起点、粟生線は当駅が終点である。3社の共同使用駅であり、加古川駅が管理し、JR西日本交通サービスに駅業務が委託された業務委託駅である。JR西日本はPOS端末による発券対応を行うが、日中は窓口を休止する時間帯がある。PiTaPa・ICOCAはJR西日本加古川線・神戸電鉄粟生線で使用できる。有人時間帯にJR列車で降車する場合、他路線に乗り換えずに改札を出る場合は改札口で運賃を支払う形になるが、乗り換えの場合は車内で運賃を支払ってから降車することになる。駅舎は東側にあり、2009年(平成21年)に改築された。改築直後から飲食店「シルキーウェイあわの里」を併設していたが、2013年に閉店している。頭端式・単式・島式3面4線のホームを有する地上駅になっている。頭端式ホーム(4番線)が神戸電鉄粟生線、駅舎のある単式ホーム(2番線)と島式ホーム駅舎側(1番線)がJR加古川線、その反対側(3番線)が北条鉄道北条線となっている。ホーム間の連絡は跨線橋で行う。神戸電鉄のホームには、JRの駅舎から入り、中間改札を通ることになる。実際には本来の駅舎内ではなくここに神戸電鉄用の出札口がある。元は2番線と同じホームの向かい側から乗降していたが、1999年(平成11年)10月1日からスルッとKANSAIが導入されるのに伴い改札を分離する必要が生じた事から、反対側に単式ホームを設けてこの形になったものである。また、磁気式の普通乗車券は自動改札機でそのまま回収されてしまうため、「精算済票」を取ってから自動改札機に通すよう注意書きがなされている。神戸電鉄の駅舎には、沿線光ネットワークに接続された駅務遠隔システムが導入されており、志染駅のセンター駅から自動券売機・自動改札機・自動精算機・TVカメラ・インターホン・シャッターが遠隔操作され、駅員巡回駅となっている。なお、2番線と同じホームの向かい側から乗降していた時代は電車とホームの間に段差があったが、現在のホームになってからは段差がなくなった。北条鉄道のホームには中間改札はなく、乗車券は駅で発売されていないため、降車時に車内で運賃を支払う。北条線の線路は国鉄時代には加古川線とつながり、直通列車も運行されていたが、第三セクター化により線路も分断されて加古川側に車止めが置かれている。2009年(平成21年)、小野市により駅前公園の整備が進められ、駅舎も改築された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。