式敷駅は、広島県安芸高田市高宮町にあったJR西日本三江線の駅(廃駅)。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






2018年(平成30年)4月1日に三江線の廃止に伴い廃駅となった式敷駅でございます。上屋の形が面白い1面2線の島式ホームとログハウス風の駅舎が残っております。側線と貨物ホームも錆びたレールと共に残されておりますね。旧駅前広場の付近には商店もあり、周辺は人家も結構見当たります。以前は国鉄の官舎もあったようですな。ここら辺りは何かしらの整備して、廃線跡を再利用する余地が少しはあるかもしれないですね、というかそうなって欲しいものでございますよ。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    式敷駅(しきじきえき)は、広島県安芸高田市高宮町佐々部七谷2438番地にかつて設置されていた、西日本旅客鉄道(JR西日本)三江線の駅(廃駅)である。三江線の三次側の区間が、三江南線として開業した当初の終着駅であった。三江線の廃止に伴い、2018年(平成30年)4月1日に廃駅となった。1面2線の島式ホームを持ち、列車交換設備を有した地上駅であった。浜田鉄道部が管理する無人駅で、ログハウス風の駅舎があった。ただし、自動券売機等の設備は無かった。ホームへの出入りは、三次方面の上り線側に設けられた構内踏切を経由するかたちとなっていた。2017年3月時点で駅掲示時刻表にのりば番号が記載されている。駅舎側(上り)が1番のりばとなっており、列車運転指令上の番線番号(下りが1番線)とは逆転している。この他に側線一本と貨物ホームを有するが、当駅を含む三江線の浜原駅 – 三次駅間は開業から廃止まで旅客営業のみを行っていた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ