地御前駅は、広島県廿日市市地御前五丁目にある、広島電鉄宮島線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








広島電鉄宮島線の地御前駅でございます。踏切を挟んで上下線のホームが千鳥配置になっているのでございますが、これは発車しようとする電車に乗ろうと踏切を無理に渡ってくる乗客を防ぐ意味合いからこうなったとのことで。上下線とも踏切を通過してからホームに停車するようにしたらしいですな。地御前カキって牡蠣の有名ブランドらしいですな、拙者は牡蠣が駄目なので、知らんけど(←知らんのかいw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    地御前駅(じごぜんえき)は、広島県廿日市市地御前五丁目にある広島電鉄宮島線の駅である。地御前駅はホームが地面に接する地上駅である。ホームは2面あり、2本ある線路を挟み込むように置かれるが、互いのホームは斜向かいにずれて位置している。路線の起点から見て手前にあるのが広電西広島駅方面へ向かう上りホーム、奥にあるのが広電宮島口駅方面へ向かう下りホームで、両ホームの間には踏切が設置されている。このようなホーム配置により、電車は両方向とも踏切を過ぎてからホームへ入線するようになっている。駅がこのような構造となったのは1987年(昭和62年)のことで、これには客が電車に乗ろうと無理に踏切をくぐってホームへ渡るのを防ぎ、安全を確保する狙いがあった。上りホームの広電西広島寄りと下りホームの広電宮島口寄りには、かつて宮島線内で運行されていた鉄道車両用に使われた高床ホームが残されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ