ハピナ名掛丁の名称は、1993年に名付けられた。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。

仙台駅前のアーケード商店街、ハピナ名掛丁でございます。長い間仙台を訪れていなかった拙者ですが、ここの記憶が全くないのでちと調べたら名付けられたのは1993年なんですな。知らなくてアタリマエっちゃあアタリマエなんですけどね。それにしても仙台は賑やかになったなあってのが実感ですわ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    中央通(ちゅうおうどおり)は、仙台市青葉区一番町3丁目の東一番丁通との交点(一番町アーケード大町広場)から、同区中央1丁目の駅前通との交点まで至る道路の通称である。全区間が歩行者専用道路であり、アーケードを備える。一番町や仙台駅西口周辺と並んで、仙台市都心部における中心部商店街の1つとなっている。江戸時代に造られた仙台城大手門前から続く東西の一本道は、東はそのまま陸奥国府・多賀城、仙台の外港である塩釜港、日本三景・松島、東北太平洋岸海運の拠点港石巻港へと続く石巻街道に繋がっている。この一本道の内、仙台城下町の中心である芭蕉の辻周辺は現在ビジネス街となっているが、その一町東の東一番丁から駅前通までが現在「中央通」と呼ばれる。仙台七夕まつりの際のメインストリートの1つ。戦後の復興期に、中央通りの南側を並走する片側3車線の青葉通が造られ、自動車の東西交通軸の地位をそちらに譲った。現在の中央通りは歩行者専用道路となっている。商店街組織は、江戸時代の区分けである大町(おおまち)・新伝馬町(しんてんまち)・名懸丁(なかけちょう)の地区ごとにつくられており、現在の大通りによる区分けとは異なっている。江戸時代は「町」(まち)が付く大町と新伝馬町が町人町、「丁」(ちょう)が付く名懸丁が侍町であった。この道における町人町と侍町の境は、四ツ谷用水が担っていた。既に埋め立てられて痕跡も見当たらないが、現在も商店街の境界となっている。現在、歩道のタイルの模様によって、その名残を留めている。「ハピナ名掛丁」の「ハピナ」とは、「幸福な」を意味する英語の形容詞 “happy” を、日本語の形容動詞化した「ハッピーな」に由来する造語で、1993年(平成5年)に名付けられた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ