むつ湾の景色を眺めて一休み、国道279号ゆとりの駐車帯。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








走行中の国道279号に「ゆとりの駐車帯」なるものを発見、むつ湾の景色をながめて一休み。と書かれた看板がございましたので「ゆとりの駐車帯」のゆーとーり、景色を眺めましたとさ。美しい景色でございましたですわ~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    陸奥湾(むつわん)は、青森県の下北半島、夏泊半島、津軽半島に囲まれた湾。平舘海峡で津軽海峡と通じ、津軽暖流が津軽海峡から平舘海峡を経て流れ込み、湾内を周回して津軽海峡に出ている。青森県下北郡佐井村焼山埼と東津軽郡外ヶ浜町(旧平舘村)平舘灯台を結ぶ線から南側の海域。湾口幅14km、面積1667.69km2、湾内最大水深75mである。夏泊半島を境に湾南部は東南の野辺地湾と、西南の青森湾に分かれ、北東にも大湊湾(安渡湾)という小さな湾がある。大湊湾は芦崎と呼ばれる砂嘴によって内部に芦崎湾を形成している。湾内の海岸近くには無人島や岩礁が幾つかある。湯の島(青森市)は対岸の浅虫温泉からカタクリまつりなどの時季に船で渡ることができるほか、夏泊半島突端の大島(平内町)は橋で行き来できる。このほか平内町の沿岸に茂浦島と鴎島(ごめじま)、むつ市脇野沢沖には鯛島がある。陸奥湾内では各所でホタテの養殖が行われ、ナマコ、ホヤ、トゲクリガニ、ヒラメなどの漁場にもなっている。しかしホタテは海水温の上昇に弱く、2010年の猛暑で養殖ホタテに被害が出た。成貝に比べ暑さにも強いとされているホタテの稚貝も相当数が死滅した。ホタテは殻付きで出荷されるほか、貝柱だけを取り出して貝殻は捨てられる場合も多い。陸奥湾沿岸には現代版の貝塚とでも言うべき高く積み上げられたホタテ貝殻の小山が存在する。湾内にはカマイルカが回遊し、フェリーなどを応用した観光業も行われている。沿岸部の多くは国道4号など道路が整備され、鉄道では青い森鉄道線とJR東日本の大湊線、津軽線が走る。JRの快速列車「リゾートあすなろ」は、海岸近くの区間では陸奥湾の眺望を売り物の一つにしている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ