新潟駅南口駅舎2階の新幹線コンコースにある、忠犬タマ公の像。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


上越新幹線開通を記念して建立された忠犬タマ公像なのだそうです。忠犬というと渋谷のハチ公が思い浮かぶ拙者ですが、このタマ公は二度にわたり飼い主の命を助けた人命救助犬ですから、功績はコチラの方が大なんですな~、知りませんでしたよ。タマ公の像は新潟県内の数か所に建立されたのだそうですな。犬でも人様の役に立つんですから拙者も人様のお役に立てるよう、まだまだ頑張らないとイカンですな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    忠犬タマ公(ちゅうけんタマこう)は、新潟県中蒲原郡川内村(のちの村松町、現在の五泉市村松地区)にて飼われていたメスの柴犬(越後柴犬)である。飼い主を2度にわたり雪崩から救ったことから、忠犬として知られている。昭和の初めの頃、新潟県中蒲原郡川内村で猟師をしていた刈田吉太郎が飼っていた猟犬である。1934年(昭和9年)2月5日と1936年(昭和11年)1月10日の2度にわたり、刈田が猟場にて雪崩に巻き込まれたのを助けたことにより、日本や世界の新聞・ラジオで大きく取り上げられた。タマは新潟県知事やアメリカ合衆国から表彰され、1940年(昭和15年)に11歳で没した。1937年(昭和12年)当時の川内村立川内小学校校長の呼びかけで、羽下大化による銅像が川内小学校と新潟市の白山公園に建立された。このうち、白山公園に建立された銅像は第二次世界大戦中に銅鉄供出されたが、1958年(昭和33年)に再建運動が起き、翌1959年(昭和34年)、皇太子明仁親王(明仁上皇)と正田美智子(上皇后美智子)のご成婚を記念して渡辺徹により2代目が建立された。また、1982年(昭和57年)には上越新幹線開通を記念して、新潟駅南口駅舎2階の新幹線コンコースに羽下大化の弟子の林昭三により銅像が建立された。さらに、五泉市にある村松公園にも林昭三により銅像が建立されており、新潟県内には4基の忠犬タマ公の銅像が存在する。また、当時横須賀市に在住していた新潟県出身の海軍関係者が、この話に感動し、1936年(昭和11年)に高さ約2mの石碑を建立した。この石碑の揮毫は、当時横須賀市長であった小泉又次郎によるものであった。当時の村松町川内地区と横須賀市衣笠地区はこの縁から交流を深め、2002年(平成14年)からは市民レベルでの交流が本格化し、合併後の五泉市と横須賀市は2009年(平成21年)1月15日付で災害時相互応援協定を締結した。2017年(平成29年)3月23日の衣笠観光協会主催「忠犬タマ公慰霊祭」において、五泉市から寄贈された忠犬タマ公像の除幕式も行われた。揮毫は小泉純一郎の次男、小泉進次郎によるものである。なお、五泉市にあるタマ公像の隣に建立されている石碑の揮毫は、小泉又次郎の孫であり、当時の内閣総理大臣であった小泉純一郎によるものである。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ