男鹿駅の、なまはげ像。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


巨大なまはげを見てきた後なんですが、男鹿駅のモノトーンなまはげ像も迫力ありますわな~。この像がある辺りが元々の駅舎の先端だったんでしょうかね?そんな雰囲気がそこはかとなく感じられるんですよね、知らんけど(←知らんのかいw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    男鹿駅(おがえき)は、秋田県男鹿市船川港船川字新浜町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅。男鹿線の終着駅である。島式ホーム1面2線を有する地上駅。2012年4月20日に、JR東日本は2013年に開催される秋田デスティネーションキャンペーンと、それに向けて2012年に開催されるプレデスティネーションキャンペーンを見据えて、秋田を訪れる観光客を綺麗な駅舎で迎えることを目指した駅舎の整備を行うことを発表した。当駅の駅舎は同年10月1日にリニューアルされた。男鹿半島は「なまはげ」で知られることから、「なまはげの訪れる古民家」というコンセプトを設定している。入口屋根を従来より高くして迫力をもたせ、一部の壁に男鹿石を配して重厚感を持たせた。また待合室の腰壁には地元企業が提供した秋田杉を使用している。2017年10月31日には男鹿市とJR東日本が、男鹿線の活性化を目的として、当駅を南側に移設し、リニューアルすることを発表した。その後、2018年7月1日に、移設した駅舎の供用が開始された。1番線にはEV-E801系電車(愛称「ACCUM(アキュム)」)用の地上充電設備があり、ACCUMは当駅に到着後に、収納されたパンタグラフを上げて充電を開始する。充電完了後はパンタグラフを下げて収納した後、折り返し非電化区間を蓄電池電車として走行する。土崎駅管理の業務委託駅(JR東日本東北総合サービスが受託)。直営駅時代は管理駅でもあり、船越駅・脇本駅・羽立駅を管理していた。駅舎内には指定席券売機、自動券売機と待合室がある。周辺は男鹿市および男鹿市船川地区の中心地。男鹿半島の先端部近くにある男鹿水族館 GAOへは、手前の羽立駅からバスで約60分。「なまはげ」で有名な男鹿線終点の駅として、2002年(平成14年)、東北の駅百選に選定された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ