自由が丘駅前ロータリーの「あをぞら」なる像。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




自由が丘駅正面口のロータリーのところに設置されていた「あをぞら」なる像でございます。こんなんいつ出来たんでしょうな。拙者、まったく知らなかったんでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    自由が丘駅(じゆうがおかえき)は、東京都目黒区自由が丘一丁目にある、東急電鉄の駅である。目黒区最南端の駅である。東横線と大井町線が乗り入れ、両路線の乗換駅となっている。2015年4月現在、駅の照明がLED照明などの消費電力の少ない照明器具となっている。これは「〜スマートモデル自由が丘駅あかりプロジェクト〜」における事業で実施したもので、鉄道施設では設置例の少ない照明制御・調光システムを持つLED照明器具が設置されているほか、一般照明としては日本初の実用的設置となる次世代照明「有機EL(有機エレクトロルミネッセンス)照明」や薄型のLEDサインも採用されている。大井町線(1・2番線)は相対式ホーム2面2線を有する地上駅、東横線(3 – 6番線)は島式ホーム2面4線を有する高架駅である。東横線は2001年3月28日に特急を運行開始して以来、菊名駅と同様に終日緩急接続を実施するようになった。緩急接続時は外側の副本線3・6番線に各駅停車、内側の本線4・5番線に特急・通勤特急・急行が入線する。緩急接続駅であることから、平日朝ラッシュ時の渋谷方面ホームは乗車を待つ行列が伸び、急行・通勤特急は当駅から混雑が激しくなる。東横線は平日夜間に元町・中華街駅発当駅終着の各駅停車1本が設定されている。到着後は6番線にそのまま夜間留置される。また3番線でも深夜に夜間留置が行われ、渋谷駅から回送で到着、翌朝も回送で出庫する。当駅 – 田園調布間には、非常時の折り返しに備えて渡り線が設けられている。大井町線は九品仏寄りに留置線1本(5両編成対応)を有し、回送列車の留置に用いられるほか、平日朝に下りの当駅始発列車が1本設定されている。かつては自由が丘検車区が存在しており、その跡地にはトレインチ自由が丘が整備された。駅名標は、2012年3月に実施した「〜スマートモデル自由が丘駅あかりプロジェクト〜」におけるLED化により、薄型のLEDサインに変更された。それまでは、東横線用ホームは現行の標準タイプであるが、大井町線用ホームは旧タイプと現行の標準タイプであった。有料座席指定列車「S-TRAIN」は、土曜・休日ダイヤのみ東横線に入線し、当駅にも停車する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ