伊勢道路休憩所の、松阪牛丼でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


ランチタイムを過ぎた時間帯ですが、即刻駐車可能な店舗がございませんでランチ難民化してしまいましたよ。運よく伊勢道路休憩所を見つけたので立ち寄りました。至る所で松阪牛と書かれた看板等をみたせいか、メニューにあった松阪牛丼を即オーダーですわ。牛丼として捉えれば非常に高価で、松阪牛として捉えればリーズナブルっていう松阪牛丼というシロモノ。勿論旨かったんですが、どうせ松阪牛をいただくんなら違う食べ方をしたかったですなw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松阪牛(まつさかうし/まつさかぎゅう)は、但馬牛の他、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、三重県松阪市及びその近郊で肥育された牛。品種としての呼称ではない。日本三大和牛の1つであり、「肉の芸術品」の異名を持ち、霜降り肉になっているのが特徴である。2002年(平成14年)8月19日以前は「松阪牛」全てが高級銘柄牛肉であり、そのため「松阪牛」という単語自体が高級牛肉の意味を持つこともあったが、以後は区域内の生産であれば格付けが低いものまで「松阪牛」との呼称が許され、全てが最高級とは限らなくなっている。正式な読みは「まつさかうし」とされるが、「まつさかぎゅう」も誤りではない。また、生きているウシを「まつさかうし」、牛肉を「まつさかぎゅう」と呼ぶという見解が一部にあるが、これは俗説であり、ウシも牛肉もどちらで呼んでも誤りではない。そもそも生産地では「まつさかうし」と呼ぶのが一般的であったことから、三重ブランドとして松阪牛を情報発信するときに「まつさかうし」の読みを基本とするという取り決めが三重県庁と松阪牛協議会の間で結ばれた。ただし県として一般市民による「松阪牛」の読み方を規制する意図はない。「まつざかうし」や「まつざかぎゅう」の呼称は誤りであり、松坂牛は誤記である。松阪牛とは「黒毛和種」の「未経産(子を産んでいない)雌牛」で、2004年(平成16年)11月1日時点での三重県・中勢地方を中心とした旧22市町村、および、旧松阪肉牛生産者の会会員の元で肥育され、松阪牛個体識別管理システムに登録している牛をいう。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ