小田原駅西口の北条早雲公像でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




小田原駅西口を出ますと真正面にございます迫力ある北条早雲公像でございます。騎馬の北条早雲が角にたいまつを結んだ牛を引き連れているシーンでございます。火牛の計でございます。大軍の夜襲にみせかけたのでございます。戦国時代に小田原を拠点として関東を支配した北条家の祖でございますな。企画力がモノを言った訳ですな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    北条 早雲 / 伊勢 宗瑞(ほうじょう そううん / いせ そうずい、康正2年〈1456年〉? – 永正16年8月15日〈1519年9月8日〉)は、室町時代中後期(戦国時代初期)の武将。戦国大名となった後北条氏の祖・初代であり、「北条早雲」の名前がよく知られているが、実際には北条ではなく伊勢を名乗っていた。号は早雲庵宗瑞(そううんあんそうずい)。姓は伊勢から改称して北条を称したのは早雲の死後、嫡男・氏綱の代になってからであり、自身は北条早雲と名乗ったことはなく、生前の文の署名も伊勢新九郎や伊勢宗瑞などであったが、後世では一般に北条早雲の名で知られている。諱は長らく不確定で、長氏(ながうじ)を筆頭に、氏茂(うじしげ)、氏盛(うじもり)などとも伝えられてきたが、現在では盛時(もりとき)が定説となっている。通称は新九郎(しんくろう)。生年は、長らく永享4年(1432年)が定説とされてきたが、近年新たに提唱された康正2年(1456年)説が定説となりつつある。このため、死亡時の年齢も、従来は88歳という説だったが、現在では64歳とする説が有力となっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ