ひだりうまは馬を左右反転させた字で、縁起物として知られる。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


奈良線の黄檗駅の至近にある、ひだりうまでございます。ひだりうまは馬を左右反転させた字で、縁起物の扱いでございますね。将棋の飾り駒が特に知られておりますな。店舗名にも使われることが多いようで、特に関西には多いと聞き及びます。実際のところワタクシは久々にお目に掛ったんですけどね。最近ではあんまり見ませんもんね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    黄檗駅(おうばくえき)は、京都府宇治市五ケ庄西浦にある、京阪電気鉄道宇治線の駅及び宇治市五ケ庄新開にある、JR奈良線の駅である。両駅は隣接した敷地に所在しているが、両社それぞれに立地し独立した設備となっており、統合駅の体裁にはなっていない。京阪宇治線と、JR西日本奈良線がそれぞれ乗り入れている。両社の駅は敷地が隣接しているが独立した設備であり連絡通路などの設備も無く、両社のホームの端同士は目と鼻の先にあるものの改札口は離れている。両駅間を徒歩で乗り換えるためには駅北側および東側の一般道路をL字型に通行することになる。京阪の駅はPiTaPa(および「スルッとKANSAI」対応各種カード)、JR西日本の駅はICOCAの利用エリアに含まれている。両社ともそれぞれで対応するIC乗車券で共通利用が可能である。京阪黄檗駅-相対式2面2線のホームを持つ地上駅である。改札口は上下線で別々に設けられており、改札内でホーム同士を行き来することはできない。どちらのホームも中書島寄りに改札があり、中書島方面行きの改札には駅員が配置され企画乗車券の販売にも対応している(早朝深夜を除く)。定期券売り場は設置されていない。物販については2006年6月30日に売店の営業を終了し、以降は飲料や新聞の自動販売機のみ営業している。JR西日本黄檗駅-相対式ホーム2面2線を持つ、交換設備を備えた地上駅である。構内配線が一線スルーになっていないため、快速は減速して通過する。かつては単式1面1線のホームしかなかった(現在の2番のりば)が、奈良線の輸送力増強のために1991年3月16日ダイヤ改正に合わせて相対式のホーム1面1線が新設された(現在の1番のりば)。 上り出発信号機に対しては安全側線があるが、下りは過走余裕距離が長いため設置されていない。日中は上下とも、奈良発着の普通と城陽発着の普通同士が交換する(2016年3月改正)。 宇治駅が管理し、JR西日本交通サービスが駅業務を受託している業務委託駅である。駅の東側は山が迫っており、その中腹には中国大陸からこの地に至った隠元隆琦を開祖とする黄檗山萬福寺があるほか、高台を切り拓いた住宅団地「黄檗台」などの住宅地が広く所在している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ