黄檗駅は、京都府宇治市五ケ庄にある、京阪電気鉄道宇治線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












京阪電気鉄道宇治線の黄檗駅でございます。相対式2面2線の駅で、上下線で別々に改札口がございます。JR奈良線の黄檗駅はほぼほぼ同じ場所にありながら改札口は遠く離れているのでございます。前回訪問時は奈良線の黄檗駅をメインに記事にしておりましたので、今回は京阪電鉄宇治線の方をメインに撮影しております。黄檗の由来は黄檗宗大本山の萬福寺でございます。この地域は、やたらと水害が多発するのでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    黄檗駅(おうばくえき)は、京都府宇治市五ケ庄にある京阪電気鉄道および西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。両駅は隣接した敷地に所在しているが、両社それぞれに立地し独立した設備となっており、統合駅の体裁にはなっていない。京阪宇治線とJR西日本奈良線がそれぞれ乗り入れている。両社の駅は敷地が隣接しているが独立した設備であり連絡通路などの設備も無く、両社のホームの端同士は目と鼻の先にあるものの改札口は離れている。両駅間を徒歩で乗り換えるためには駅北側および東側の一般道路をL字型に通行することになる。京阪電気鉄道-相対式2面2線のホームを持つ地上駅である。改札口は上下線で別々に設けられており、改札内でホーム同士を行き来することはできない。どちらのホームも中書島寄りに改札があり、中書島方面行きの改札には駅員が配置され企画乗車券の販売にも対応している(早朝深夜を除く)。定期券売り場は設置されていない。物販については2006年6月30日に売店の営業を終了し、以降は飲料や新聞の自動販売機のみ営業している。駅の東側は山が迫っており、その中腹には中国大陸からこの地に至った隠元隆琦を開祖とする黄檗山萬福寺があるほか、高台を切り拓いた住宅団地「黄檗台」などの住宅地が広く所在している。一方、駅の所在する五ヶ庄地区(駅周辺および西側一帯)は低地に位置しておりたびたび水害が発生している。第2室戸台風で広範囲が浸水したほか、近年では1986年と2008年に床下浸水、2012年8月の集中豪雨では当駅と三室戸駅間にある「京滋バイパス」との交差部が浸水したことに伴い同バイパス不通および、当駅と木幡駅の間で交差する弥陀次郎川が宇治川寄りの天井川の堤防が決壊し住宅8戸全壊・約500戸浸水、翌2013年にも台風18号による浸水被害が発生している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ