向日町駅前にある、京都向日市激辛商店街キャラクター、からっキー。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




からっキーでございます。2009年に始まって、町おこしとして成功した事例として著名な京都向日市激辛商店街のマスコットキャラクターでございます。大分年月が経過したので結構草臥れておりますな。展開している店舗はやはり阪急の東向日駅辺りが多いんでございます。JRの向日町駅周辺にはそもそも店舗が少ないのでございます、はい。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    京都激辛商店街(きょうとげきからしょうてんがい)は、京都府向日市の仮想商店街。「激辛」を掲げて向日市の町おこしを図る。京都向日市激辛商店街とも言う。交通が便利であるために京都市や大阪市に人が流れ、集客に苦心した向日市の飲食店が2009年に発足させた仮想商店街で、激辛メニューによる町おこしを図ったものである。「商店街」と称しているが、1か所に店舗が立ち並んでいるわけではなく、京都激辛商店街に入会した店舗の総称が「京都激辛商店街」となる。入会条件は、設立趣旨に賛同することと「激辛メニューを提供すること」。カレーやラーメン等「定番」の品目のみならず、和菓子や洋菓子などの店舗も加盟しており、各店舗で「激辛」に関する商品を販売する。また、食品に限らず、染み抜きをテーマにしたクリーニング店やトウガラシを販売する種苗店も参加し、サービスを提供する。年間を通して各種イベントを行っており、2012年からは「激辛グルメ決定戦 KARA-1グランプリ」を主催している。「商店街」発足後に市内で「世界一辛い唐辛子」と称されるブート・ジョロキアの生産が行われるなどの展開を見せ、大手コンビニエンスストアとのコラボ商品の開発を行っている。向日市を訪れる年間観光客数は、2008年に3000人だったものが商店街発足の2009年に6万人に急増、2013年には19万4000人に達した。町おこしとして成功した事例とされている。マスコットキャラクターは、トウガラシをモチーフにした「からっキー」(英語表記:Kalucky)。 テレビでは主に冒険チュートリアルで取り上げられたことがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ