長岡京駅は、京都府長岡京市神足二丁目にある、JR西日本東海道本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。














東海道本線の長岡京駅でございます。JR京都線の愛称区間に含まれております。複々線区間内の島式2面4線の駅でございます。外側線は停車する列車がないため現在は柵が設置されております。2010年(平成22年)までは外側線を走行する列車にここに停車する設定がございましたため柵が設置されていなかったのでございますね。市政施行で長岡京市が誕生し、神足駅から長岡京駅へ改称されたのは1995年(平成7年)でございました。長岡京市の中心部に近い阪急の駅は改称されずに長岡天神駅のままでございます。近年は神足側の開発が進み、企業の進出が伸びたため利用者数が長岡天神駅を上回ったのでございますか。時代の流れってのを感じますな。ワタクシ感覚的にはいまだに長岡天神駅と神足駅ってイメージが根強いのでございます。ニンゲンとして古くなったっつうことでおますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    長岡京駅(ながおかきょうえき)は、京都府長岡京市神足(こうたり)二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。かつては神足駅(こうたりえき)と名乗っていた。神足駅当時に使われていた駅名標は、現在神足公民館前に立てられている。島式ホーム2面4線を有する地上駅(12両編成対応)で、通常の乗降は内側線ホームのみを使う。橋上駅舎がある。駅から村田製作所・バンビオには直通の連絡道路が併結されている。向日町方で吹田総合車両所京都支所への入出庫線が分岐しているため、場内・出発信号機を有し停車場に分類される。2010年(平成22年)3月12日を最後に、当駅に停車する定期列車は内側線経由に統一された。ダイヤの乱れにより快速が外側線経由に変更される場合もあるため、外側線ホームへの柵の設置はなされていなかった(ロープにより封鎖されていた)が、同年5月15日から外側線ホームにも柵が設置され(同時に黄色い点字ブロックや乗車位置表示も撤去)、非常時以外は乗降が不可能になっている。2004年10月15日ないし2006年3月17日までは平日にも外側停車設定があった。また、JR京都線・JR神戸線の西大路駅 – 灘駅間の外側線ホームに柵が設置されている他の駅とは異なり、外側線側の通過放送は流れる。日中時間帯は普通列車(大阪方面行きは高槻駅から快速)が1時間に4本停車する。朝夕は本数が多くなる。長岡京市の中心部からはやや離れてはいるものの、企業への通勤客を中心に利用客がいる。また、京都府の運転免許試験場(当駅下車後、西口阪急バス・東口京都市営バス利用)への利用がある。近年駅周辺にマンション、ビルが建設され、道路も舗装され外観は綺麗に整備された。同じ長岡京市の中でも、より中心部に近い阪急電鉄長岡天神駅の利用者の方が多かったが、近年逆転している(但し、停車本数は相変わらず長岡天神駅のほうが多い)。長岡天神駅とは異なり、桂川を隔てて隣接する京都市伏見区西部の住民の利用者も多い特徴がある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ