井川さくら駅前広場のモダンアート、大地のおくりものーさくらのわ。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




駅名だけでもインパクト十分な井川さくら駅ですが、駅前広場に「大地のおくりものーさくらのわ」なるモダンアートが設置してございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    井川さくら駅(いかわさくらえき)は、秋田県南秋田郡井川町浜井川字新堰(しんぜき)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。1995年(平成7年)12月1日:奥羽本線羽後飯塚 – 八郎潟間に新設開業。相対式ホーム2面2線を有する地上駅。両ホームは自由通路を兼ねる地下通路で連絡している。土崎駅管理の簡易委託駅(井川町委託・改札業務実施)。駅舎は交流センターとの合築となっており、切符売場の他、待合室、トイレなどがある。2番線側には西口があるため、乗車証明書発行機が設置されている。駅舎の周囲2箇所に無料駐車場があり(東口側:道路を挟んで南側、西口側:駅前)、パークアンドライドなどに利用されている。また、東口側の駐車場内には、秋田銀行の現金自動預け払い機が設置されている。東口駅前は国道7号に面する。西口側は新興住宅地。かつては高速バス(秋田中央交通・秋北バス)の能代 – 秋田線が停車していた(現在は、秋田自動車道経由であるため、当町での停車はない)。「井川さくら」という駅名は近くに桜の名所「日本国花苑」があることに由来するが、人名(日本人のフルネーム)のように感じ取られる駅名として取り上げられる事が多く、gooランキングの「芸名・人名だと勘違いしそうな実在の駅名ランキング」(2008年)や「人名じゃないのかよ!とツッコミたくなる駅名ランキング」(2018年)においていずれも「武豊」「中山香」「伊賀和志」「近江舞子」「吉川美南」(2012年開業)などを抑え1位になっている。駅開業後の1996年には井川町によって同名の「井川さくら」氏が招待された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ