谷町七丁目、谷町筋の空堀商店街入口近くにある伽麗伊屋。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






谷町線の乗り鉄旅をしていて、阿倍野を通るので久々にあべのハルカスの地下にあるブルーノでカレーを食べようと思っていたのですが、時間的にムリポでした。脳内がカレー脳になってしまっているんですが、谷町筋を散策していて見付けた看板と店に釘付けでございますよ。そりゃあ入店しますよ、てな脳内変換が即座にされまして。チョイスしたのはハンバーグカレーです。これが大当たりですがな。幸せ気分のひと時でしたがな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    谷町(たにまち)は、大阪府大阪市中央区の町名。現行行政地名は谷町一丁目から谷町九丁目。発音は「た」にアクセントが置かれる。地名は、西へ落ち込む上町台地の谷地形に由来する。大阪市中心部の南北幹線道路の一つである谷町筋に沿った南北約2.5kmの細長い町だが、6丁目と7丁目は後述の他町編入により西側へ広くなっている。4丁目・6丁目・9丁目は谷町筋の地下を通るOsaka Metro谷町線の谷町四丁目駅・谷町六丁目駅・谷町九丁目駅の駅名に採用されている。なお、車内放送の発音も「た」にアクセントが置かれる。1丁目から3丁目は大手前の官公庁街に西隣し、司法書士事務所などが軒を連ね、2丁目には大阪法務局と大阪府議会会館がある。5丁目と6丁目の間に位置する東西方向の町である安堂寺町によって谷町は南北に二分され、以前は南北で所属する行政区が異なり、現在も郵便番号が異なる。8丁目と9丁目北部は谷町筋八丁目寺町と呼ばれる寺町で、西隣の中寺(生玉筋中寺町)にかけて寺院が多い。近世においては、天満橋南詰(天満橋交差点)から高麗橋通(谷町1交差点)までが1丁目、思案橋通(谷町2交差点)までが2丁目、内本町通(谷町3交差点)までが3丁目と、3丁目までしかなく、東側は大坂城大手前の武家屋敷地となっていた。ただし、3丁目以南にも谷町と付く町名や字名があり、農人橋通(谷町4交差点)までが錫屋町、久宝寺橋通(谷町5交差点)までが北谷町、安堂寺橋通までが南谷町と続いた。南谷町以南にも、谷町筋沿いは玉木町・万年町・立半町・柏原町と続いた。立半町と柏原町の西隣に生駒町・宮崎町・田島町と続いたが、この辺りは大坂城南惣構堀の遺構である空堀跡の一部で、東西に瓦土取場(瓦屋藤右衛門請地)が広がっていた。柏原町の南には谷町筋八丁目寺町(16ヶ寺)と続いた。タニマチ(谷町)は、相撲界の隠語で、ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、無償スポンサーのこと。プロレス界などといった他のスポーツ、また歌舞伎界や演歌界、宝塚歌劇団を中心に芸能界でも幅広く使われる。主にひいきにしている力士やスポーツ選手、歌手などの芸能人に多額の援助という形で後援し、後見人的立場となっている人物のこと。援助の形態としては繁華街等での豪遊から、本業における多人数分のチケット費負担及び人数動員による客集め、私生活での金銭援助や副業への協力、異性問題等の不祥事処理など多岐にわたる。その見返りに一緒に食事をしたり結婚相手の推薦や評価をした上で結婚式の仲人を務めたりする等して、有名人と特に親しい仲であることを周囲にアピールできる。また、相撲界ではタニマチから提供されるものは相手を精査せずに何でも頂く「ごっつあん体質」が存在する。特に近年では個人後援会やファンクラブなどの組織が多く普及している。昨今の経済情勢からか、個人後援会やファンクラブの多数台頭に伴い、慣例のタニマチ的行為は少なくなっている。一方の野球界では、選手に夜の遊びを教えたり甘やかして練習を疎かにさせたり、トラブルに巻き込ませるパターンが問題になっており、阪神タイガースでは当時の関係者である野村克也や星野仙一が著書やインタビューにて何度か苦言をしている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ