宮島口駅前の国道2号線の下を通る、宮島口駅前地下歩道でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




山陽本線の宮島口駅前の国道2号線、宮島口駅前交差点は歩行者の横断が出来ない交差点で、地下歩道を通行することになります。この地下道は幾度となく通行しているんですが、来る度に美装化が進んでいるのでございます。エレベーターはかろうじて設置されていますが、エスカレーターがないのでね、そこの不便さは相変わらずですけどね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    宮島口駅(みやじまぐちえき)は、広島県廿日市市宮島口一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線の駅である。直営駅で単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎側1番線が単式ホーム、3・4番線が島式ホームであり、互いのホームは跨線橋で連絡している。 2021年10月31日までは管理駅であった。また、駅スタンプが設置されている。2010年(平成22年)12月11日にバリアフリー整備が完了し、ホームにエレベーターが設置された。駅周辺は、厳島(宮島)への玄関口として土産物店や名物のあなご飯屋・カキ小屋などが並ぶ。一方、桟橋側の景観に関しては「廿日市市景観計画」において駅舎並びに周辺の広告看板について「国際的な観光地『宮島』の玄関口としては、必ずしもふさわしくない色彩や規模の建築物や屋外広告物が見られる」との問題点が指摘されている。鉄道駅と航路桟橋の間は国道2号(宮島街道)が横断しているが車両通行量・横断歩行者とも多いこともあり、地下横断歩道を設けて平面横断禁止としている。正月の初詣、GW、お盆、宮島水中花火大会(毎年8月14日)、紅葉などの行楽シーズンは周辺道路が大変な混雑となる。国道2号から桟橋までの道路は広島県道43号厳島公園線の一部である。桟橋前のロータリーは天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会の3区中継点となっており、放送などで「しゃもじコーナー」「しゃもじロータリー」の名前で呼ばれる。広島電鉄宮島線の広電宮島口駅はこのロータリー沿いにあり、JRの鉄道駅よりも桟橋に近い。宮島競艇場は当駅の約300m北側に位置しており、最寄り駅の一つとなっている。山陽本線の山側は新興住宅街が広がる。同駅の西方約1km(ジェイ・エム・エス大野工場付近)を山陽新幹線が通過しており、以前はここに新駅を請願駅として設置し、宮島観光の活性化を図ろうとする運動があったが、JR西日本は線路勾配の問題により駅の設置は不可能と回答したため、現在では駅設置運動は終息している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ