広島駅新幹線口にある、圓鍔勝三さん作の朝という名の黄金色の像。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








広島駅新幹線口に設置されている、広島県を代表する彫刻家と言われる圓鍔勝三さんの作品、「朝」でございます。黄金色が眩しいですな。ちなみに今は昼です。これからランチ食べたら新幹線で岡山に戻りますんですよ、そこの奥さん(←誰やねんw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    圓鍔 勝三(えんつば かつぞう、1905年11月30日 – 2003年10月31日)は、広島県出身の彫刻家。文化功労者、文化勲章受章、広島県名誉県民、尾道市名誉市民。本名は勝二。創作初期には木彫を中心に制作したが、戦後はブロンズや陶磁、樹脂などの素材を用い、それらを混合した表現も行った。戦後、抽象表現を取り入れる作家が多い中で、創作初期から写実を基に簡略化した人体像をモティーフとし、具象彫刻による新たな造形を模索した。「幻想」「星羅」「夢 夢 夢」などロマンティックな主題を表象する作風を示したとされる。晩年まで作家活動を行い、生涯創作意欲が枯れることはなかった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ