ハットリですよね?@服部天神駅前。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




ここは、たしかにハットリですけどね。このキャラクター、これってワタクシが幼少のみぎりに、テレビのモノクロ実写版なんぞという時代がかった番組で見た、アレですか?1964年から連載が始まって、その後は雑誌を変えながらも1988年まで、長きに亘って連載され続けたあの大ヒット作品のキャラクターですか?違いますよね、まさか著作権的に許されるワケがないですものね。なんて疑問が湧いてくるんですが。屋上にようけいてますけど、分身の術でっか?これって他人の空似ってやつですかね?グランシャトーグループっすか。あの京橋のグランシャトーっすか。ふ~ん(←なんやねんw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    『忍者ハットリくん』(にんじゃハットリくん)は、藤子不二雄Ⓐによる日本のギャグ漫画作品、およびそれを原作としたテレビドラマ、テレビアニメ、劇場アニメ作品。また、作品内に登場する主人公・ハットリカンゾウ(服部貫蔵)の名称(通称)でもある。漫画雑誌『少年』(光文社)にて1964年11月号から1968年2月号まで、『月刊コロコロコミック』、『てれびくん』、各小学館の学年別学習雑誌(以上、小学館)にて1981年から1988年までにかけて連載された。忍者の里、伊賀から忍術修行のため上京したハットリくんが、様々な騒動を巻き起こす物語。居候先の三葉ケン一との友情やギャグも描く一方で、様々な忍術を読者に紹介する教養的要素も盛り込まれている。旧原作やモノクロ実写版、アニメ版は生活ギャグ中心のストーリーで、新原作(現在の単行本では『新忍者ハットリくん』というタイトルである)では生活ギャグに加えて、様々な忍者のライバルが登場して戦ったり、連続ものの冒険物語もあったりとバラエティに富んだ内容となっている。藤子・F・不二雄とコンビ解消前には『パーマン』とも共演し、劇場版アニメとその原作(執筆は藤子Ⓐ)も作られた。なお『パーマン』との共演作は、てんとう虫コミックス版には収録されているが、権利問題のためか現在発売されている単行本には収められていない。作者である藤子不二雄Ⓐは、自分の作品の中では一番のお気に入りだという。1960年代の『少年』連載時代でもかなり力を入れて執筆していたが、同誌の休刊直前である1968年2月号で連載が終了した。掲載最終話は、特に最終回が意識されていない普通のエピソード(ただし、前後編)である。そして1981年、一連の藤子アニメブームに乗り、アニメ化が決定されると1980年代に合わせた新設定で連載を開始。作者はアニメ版の声優の個性溢れる演技に感銘を受け、筆が進んだと語っている(文庫版あとがきより)。新原作は月刊誌連載ではあるが、藤子Ⓐ作品の中ではもっとも長期となり、1988年に旧シリーズから足掛け20年近く掛けて、初めて最終回が描かれた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ