曽根駅は、大阪府豊中市曽根東町三丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






阪急電鉄宝塚本線の曽根駅でございます。島式2面4線の高架駅で、優等列車の退避が出来る駅でございます。折り返し線も宝塚側にございます。2階にホーム、1階に改札とコンコースがございます。高級住宅街で知られる街でございます。腹が減ったな~と感じたのですが、ギャル曽根さんから連想したのですかね、脳内が。きっとそーねなんてあまりにもくだらないダジャレは言いません(←こらこらw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    曽根駅(そねえき)は、大阪府豊中市曽根東町三丁目にある、阪急電鉄宝塚本線の駅。待避設備を持つ島式2面4線の高架駅。線形の関係上、奇数号線(1号線と3号線)が主本線、偶数号線(2号線と4号線)が待避線となっている。宝塚側には上下本線に挟まれる形で折り返し線が設置されている。これは立体化事業の際、地上駅時代の設備を復元することが条件とされていたことによるもので、地上駅時代に設定されていた当駅終着列車は現行ダイヤでは設定されていないため、回送列車の折り返し[注 1]や、車両不具合等の列車避難場所として利用されている。なお、現行の配線では下り本線(1号線)からは折り返し線に進入することができないが、地上駅時代は下り本線(現在の1号線に対応)からも折り返し線に進入することが可能な配線となっていた。ホームは2階、改札口は1階にある。改札口は1か所のみ。停車する普通と準急は全て8両編成で運行されているが、ホーム有効長は同じ時期に高架化された岡町駅や三国駅とともに10両編成対応で、朝ラッシュ時の下りは10両編成の回送列車が2号線で待避する。なお、折り返し線の有効長は8両編成分である。当駅には準急(朝ラッシュ時のみ)が停車するが、1990年代前半までは、当駅に停車する優等列車の設定はなかった。駅が開設された当初は田園地帯であったが、大正末から昭和にかけて宅地開発が進み、「西の芦屋、東の曽根」と並び称される邸宅街となった。開発に際しては「住宅地の開発には有力寺院の存在が不可欠」という小林一三(阪急電鉄創始者)の意向を受け、それまで中津にあった東光院(萩の寺)が当地に移されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ