池田駅周辺でやたら見かける、ウォンバット。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






ウォンバット?コンバットじゃなくて?とか思っていたら、オーストラリアに生息する珍獣なんですな。知らんかったっす。現在日本国内では池田市の五月山動物園の他には長野市の茶臼山動物園でしか見れないらしいですな。そんでもって池田市で推してる訳ですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    ウォンバット(Vombatus ursinus)は、哺乳綱双前歯目ウォンバット科ウォンバット属に分類される有袋類。本種のみでウォンバット属を構成する。別名ヒメウォンバット。名前はダルク語に由来する。生態は異なるがコアラに近いウォンバット型亜目の動物である。オーストラリア(クイーンズランド州南東部、タスマニア州、ニューサウスウェールズ州東部、ビクトリア州南部、南オーストラリア州南東部)模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はタスマニア州。オーストラリアクイーンズランド州の一部、および、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、タスマニア州の低木林や草原に分布する。体長90 – 115センチメートル。尾長2.5センチメートル。体重22 – 39キログラム。頭胴長は70-110cm、尾長は25-60mm、体重は19-33kg。粗い体毛で被われる。体色は黒や褐色、灰色。雌のほうが雄よりも大きい。ずんぐりとした体付きで、内股で歩く。耳介は短く、丸みを帯びる。吻端には体毛がなく、裸出する(鼻鏡がある)。頑丈な前脚を持ち、トンネル状の大きな巣穴を作る。ユーカリ林・低木林などに生息する。夏季は夜行性で、昼間は巣穴の中で休む。冬季は、昼間に活動することもある。夜行性で昼間は主に巣穴の中で過ごすが、曇りの日などはエサを求め動き回ることもある。短い距離であれば、時速40kmほどで走ることができる。草本や低木の根などを食べる。草食性で植物の葉や根を食べる。腸の組織の柔軟性が部分的に異なっていることで、水分や養分の吸収過程で食べた食物が角柱状に固まりやすく、それを排泄すると、切れて立方体や直方体の糞となりやすい。捕食者(天敵)はディンゴ・タスマニアデビル・オナガイヌワシなどが挙げられる。敵に襲われた時、穴に入り硬いお尻で自らを守ることがある。1回に、1頭の幼獣を産む。1腹1子。穴を掘る為、お腹の袋は後ろ向きについている。生後2年で、性成熟する。巣穴を掘ることで畜産業の妨げとなったり、アナウサギに抜け穴を提供してしまうため、害獣とみなされることもある。種として絶滅のおそれは低いと考えられているが、農地開発による生息地の破壊・交通事故・イヌによる捕食などの影響は懸念されている。ほとんどの地域で、州による保護の対象とされている。ウォンバットの掘った巣穴にトラクターや家畜が落ちることがあるため害獣とされ、かつては駆除されていたこともあるが、現在は保護動物である。しかし、現在も南オーストラリア州や西オーストラリア州南部において、不法に駆除されることがあり減少を止められていないが、政府や動物保護団体などが保護している。2018年9月現在、日本では茶臼山動物園(長野市)、五月山動物園(池田市)でヒメウォンバットを見ることが出来る。過去には円山動物園(札幌市)や多摩動物公園(日野市)、金沢動物園(横浜市)や東山動植物園(名古屋市)などでも飼育されていた。 飼育下では人に良く馴れ、人懐っこく人との接触を好む。おとなしい性質だが、極めて稀に人を襲うこともある。ある事故では被害者がキャラバンから降りた際に、疥癬にかかったことにより興奮状態になったウォンバットの上に立ってしまったことが原因で襲われた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ