カルビ丼&餃子スープ、なり。

神戸で牛を食べなかったのが心残りだったらしく、昼前に肉系が食べたくなったワタクシ、イオンモール岡山のレストラン街をうろうろして、これに決めましたよ。金金醤(キムキムジャン)さんのランチメニューの中から選択したのがこのカルビ丼&餃子スープ、なり。

Screenshot
●金金醤 イオンモール岡山
手間暇かけて仕込んだコクのある特製ダレの名物カルビ丼。 
ボリュームたっぷりの石焼ビピンパや鉄板ジュージュー焼きから、
滋味あふれる味わいの参鶏湯、スンドゥブ等
バラエティー豊富な韓国料理を楽しめるお店です。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    カルビ(朝: 갈비)は、韓国語で肋骨(あばら)を意味する。韓国料理では、あばらの周辺に付いている肉、つまりばら肉のことを言う。多くの場合牛のばら肉の焼肉を指す。また、豚・鶏でもカルビと呼ぶこともある。韓国では、一般にカルビといえば牛ばら肉(ソガルビ)を指す。骨付きカルビもあるが、BSE問題以降は減っている。肉自体はカルビ肉(カルビサル、갈비살)という。1頭の肉牛から約40キロのカルビ肉がとれ、赤身そのものは硬いが細かく入った脂肪分が多いため全体として柔らかく、旨味に富む。焼肉(カルビグイ)が高級外食とされ、専門店も多く韓国以外でも人気がある。そのほか、カルビタン(スープ)、カルビチム(煮物)などに調理される。特上の肩バラ肉である三角バラ(チャックリブ、英語 chuck rib)はチョッカルビ(척갈비)と呼ぶ。焼肉に使われるカルビは包丁を入れて切り開き、端に骨をつけた帯状に整形されることが多い。また、近年は骨ごとスライスした手軽なLAカルビも増えている。このLAは「Lateral Axis」の略で、骨と垂直に切ることに由来すると言われている。一方で豚ばら肉(テジガルビ、돼지갈비)の焼肉がある。豚ばら肉のジューシーな旨味が味わえ、金額的にも牛カルビに比べると格安で、実際にはこちらの方がポピュラーである。調理法によってはサムギョプサル(「三枚肉」の意)となる。また鶏肉(タッコギ、닭고기)を野菜やトックとともにピリ辛のソースで炒めたものをタッカルビ(닭갈비)、鯖(コドゥンオ、고등어)の開き(干物)を焼いたものをコガルビ(고갈비)などと称する。なお、これは鶏や鯖の「ばら肉」を使うというものではない。日本の焼肉店では、「カルビ」はどこの部位の肉でも構わないと定義されている。当初は骨付きばら肉が「カルビ」として提供されていたものの、食べにくさから骨が外されたばら肉を指すようになり、2010年に焼肉店に対するクレームで、国(消費者庁)が細かくメニューを表示するよう要請した際に、このように定義された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)