無性にキャベツが食べたい日のランチ。

月に何度か、無性にとんかつ屋さんの「キャベツwithとんかつソース」が食べたい日」がございまして。とんかつがお目当てではないので、一口ヒレカツ(ほんまにヒトクチ)と他のが添えられてるヤツを頼むんです。とんかつオンリーだといわゆる共食いってヤツになりますんでね。それはイカンでしょ、みたいな。・・・もう遅いけど。

Screenshot
とんかつ和幸
こちらはとんかつ専門店「とんかつ和幸」。「我々の笑顔で お客様の笑顔を 増やそう」私たちは、和幸グループです。のページです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    豚カツ(とんかつ)は、厚みのある豚のロースやヒレのスライス肉を、小麦粉・溶き卵・パン粉をまとわせて食用油で揚げた料理である。表記は、「とんかつ」・「とんカツ」・「トンカツ」・「豚カツ」など様々である。単に「カツ」と書かれることもある。カツはカツレツの略である。業務店では、効率化のため小麦粉と溶き玉子の代わりに業務用に販売されている「バッター粉」で代用している例も多い。バッター粉とはあらかじめ小麦粉と玉子の乾燥粉末を配合したもので「てんぷら粉」とほぼ同じものである。カツレツとの違いは、フライの調理法をとるカツレツに対しディープ・フライの調理法をとることにある。油にどっぷりと浸して揚げるディープ・フライは、加熱時に外気に触れるフライに比べ肉に含まれる水分の蒸発が少ないため、しっとりと柔らかな食感に仕上がる。現在「とんかつ専門店」の多くは、茶碗飯・味噌汁・香の物をセットにした和食のスタイルで「とんかつ」を提供している。とんかつを調味するために、とんかつソース、ゴマ(すり鉢ですり、ソースに混ぜる食べ方が推奨される店もある)、辛子、塩などが添えられる例も多い。しかしながら店や地域によっては、平皿盛りのライスでとんかつソースではなくデミグラスソースをかけて供するなど、洋食のスタイルを残している例も少なくない。肉の部位はロースとヒレのどちらかを選択できる店が多い。用いられた部位によりそれぞれロースカツ、ヒレカツと呼ばれる。添えられることの多い生キャベツの千切りは、消化吸収を助け脂肪吸収を抑えるビタミンUを摂取でき有意義である。またしじみ汁を添える店が多いことは、脂肪分の分解を助けるメチオニンや、そこから合成できるタウリンといったアミノ酸が摂取できて理に適うといわれている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)