広島港発、松山行きスーパージェットでございます。








出航時刻には晴れそうな感じでしたけど、止みそうで止まない雨ですな。一瞬晴れたかと思えば直ぐにまた勢いよく降りだしたりしてくれちゃってます。秋なのですね、オンナ心と秋の空、とはよく言ったものですな。ワタクシの不得手な部門でございますよ、そこらあたりは。秋と言えば、ここは安芸でしたな。関係ないけど(笑)。

Screenshot
瀬戸内海汽船株式会社
広島港・呉⇔松山(愛媛) スーパージェット

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    『2010年宇宙の旅』(2010ねん うちゅうのたび、原題:2010: Odyssey Two)は、アーサー・C・クラークが1982年1月に発表したSF小説。クラークが小説版を執筆し、スタンリー・キューブリックが映画版を監督・脚本した『2001年宇宙の旅』(原題:2001: A Space Odyssey)の続編にあたる。前作のうち、少なくともディスカバリー号の目的地に関しては映画版に従っている。この小説を原作とする映画は”2010: The Year We Make Contact”(”2010″とも表記される)のタイトルでピーター・ハイアムズが製作・監督・脚本を務め、1984年12月にアメリカで公開された。同映画の日本語版は『2010年』のタイトルで翌1985年3月に日本で公開された。前作で失敗に終わったディスカバリー号による木星探査から9年後の世界が舞台である(映画版『2001年宇宙の旅』ではディスカバリー号の目的は木星探査であったが、小説版『2001年宇宙の旅』では木星ではなく土星が目的地であった。この矛盾点はクラーク自身が『2010年宇宙の旅』の序文において言及している)。ディスカバリー号の船長デビット・ボーマンの上司であり、前作において月のティコクレーターで発見されたモノリス (TMA-1) の調査を行ったヘイウッド・フロイド博士が本作の主役である。フロイド博士を含むアメリカとソ連の共同チームは、木星系で連絡を絶ったディスカバリー号を調査するために、ソ連の宇宙船レオーノフ号に乗り込み、木星に出向く。同じ頃、中国の宇宙船チェン号も木星を目指していた。チェン号はレオーノフ号よりも先に到着し、ロケットエンジンの推進剤としての水を補給するために木星の衛星エウロパへの着陸を試みる。しかし、着陸後の水の補給作業中にエウロパに生息していた生命体による妨害に遭い、全滅してしまう。レオーノフ号はディスカバリー号との邂逅(再会)に成功し、人工知能HAL 9000の製作者であるチャンドラー博士がHAL 9000の復旧を行う。その頃、前作で行方不明になったボーマン船長は、モノリスを制御している宇宙人のように、実体を持たないエネルギー生命体になっていた。小説版ではボーマンは宇宙人の指示により、エウロパの氷の下の調査などを行う。エウロパの氷の下には水棲生物が生息し、木星本星の雲の下では鳥類のような生物が生息していた。どちらもまだ原始的な生物であったが、宇宙人はエウロパの生物の方がより高等な生物に進化する可能性が高いと考えていた。ボーマンは遠く離れた地球へ移動し、人間のデイビット・ボーマンだった時の大切な人々を訪ねる。小説版、映画版ともに母親の髪をブラシで梳くシーンと、テレビ画面を通じて元恋人(映画版では元妻。小説版のボーマン船長は結婚していない)と会話するシーンが描かれる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)